このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 2017‐2018 副キャプテン インタビュー 篠原恵「1年通してチームをひとつに」×橋詰まり「勝利という結果で感謝を示す」
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

女子バスケットボール 富士通レッドウェーブ

2017‐2018 副キャプテン インタビュー 篠原恵「1年通してチームをひとつに」×橋詰まり「勝利という結果で感謝を示す」

今シーズンのキャプテン山本千夏(#15ウィル)が副キャプテンに推薦したのは、「プレー面で自分が一番頼りにしている」と言う篠原恵(#12リー)と、「精神的に支えてほしい」と期待する橋詰まり(#14マリ)だった。篠原は高校時代に、橋詰も大学時代に副キャプテンを務めているが、レッドウェーブでは初となる。チームを上昇気流に乗せるため、彼女たちはキャプテンの山本をどう支えようと考えているのか。2人にそれぞれの想いを聞いた。


副キャプテン就任の打診を受けたとき、率直にどう思いましたか?

2017‐2018 副キャプテン インタビュー

篠原:「大丈夫かな」とは思いましたが、私もチームで年長者のほうになってきましたし、チームを引っ張っていく自覚を持たなければならないと思って引き受けました。

橋詰:私も最初は「本当に?」と思いましたが、2人とは異なる役割ができればいいなと思って、引き受けました。

チーム内での副キャプテンの主な仕事内容を教えてください

篠原:キャプテンは、コーチ・スタッフと選手をつなぐ存在ですが、私たち副キャプテンは、キャプテンと若い選手の温度差をなくすことができたらいいなと思っています。

橋詰:レッドウェーブには特に若い選手が多いので、大事な役目だと考えています。

そのなかで、それぞれの役割をどう分けていきたいと考えていますか?

2017‐2018 副キャプテン インタビュー

橋詰:私自身は今シーズンどれだけ試合に出られるのか、まだわからないところもあります。ただ昨シーズンを考えたときに、ウィル(山本)とリー(篠原)はスタメンとしてゲームに出ていたので、それを踏襲するのであれば、私がベンチメンバーを引っ張っていかなければならないと思っています。

篠原:私は口が上手いほうではないので、プレーでチームを引っ張っていきたいと考えています。あと、ウィル(山本)のサポートと言えば、中学生のころからずっと一緒にいる私が一番うまいんじゃないかな(笑)。

篠原選手が知っている山本選手とは、どんな選手ですか?

篠原:昨シーズンあたりからチームを引っ張ろうと、コート内外で声を出すようになってきましたよね。それはすごくいいところだと思っています。ただ一方で沈むときは激しく沈むので、そういうときこそ私の出番かなと思います。

では、今シーズンの目標、意気込みを聞かせてください。

篠原:成績を上げることはもちろんですが、昨シーズンはチームワークの面でまとまりきらなかったという反省があります。今シーズンのチームスローガンが「ONE TEAM,ONE HEART(ワンチーム・ワンハート)」なので、1年を通してチームがひとつになることを貫きたいです。

橋詰:個人的にはもっと試合に絡んでいきたいと考えていますが、チームとしては、やはり昨年以上にひとつになって、シーズンが終わるまで一致団結して戦い抜きたいです。今シーズンはすごくチームで若くなり、新人も2名入ってきて、平均年齢も下がりました。だからこそ、これまで以上に元気よく、明るいチームにしていきたいです。

今年はどこを目指しますか?

篠原:まずはファイナル進出を一番に考えています。それが叶えば、そこから上がっていくだけです。それまで一戦一戦をみんなで戦って、ひとつの勝利をみんなで喜べるように戦っていきたいです。

最後にいつもサポートしてくださる全国のレッドウェーブファンのみなさんにメッセージをお願いします。

2017‐2018 副キャプテン インタビュー

篠原:私たちもチーム一丸となって戦うので、応援してくださるファンの方々とひとつになって、一緒に戦っていきたいです。今シーズンもよろしくお願いいたします。

橋詰:遠方の試合でもレッドウェーブファンのみなさんが見に来てくださり、常に応援されていることを実感しています。その応援に対して、私たちが返せるのは結果です。今シーズンは「勝利」という結果でしっかりとお返しできるように頑張りますので、今シーズンも熱いご声援をよろしくお願いいたします。

篠原恵 篠原 恵(しのはら めぐみ)
群馬県出身、1991年9月17日生まれ。コートネームは「リー」、ポジションはセンター。東京成徳大学中学校・高校時代から山本千夏と共にプレー。2010年に富士通レッドウェーブへ加入し、初年度からレギュラーで活躍。2011年皇后杯ではベスト5受賞。
>>篠原恵プロフィールページはこちら

橋詰まり 橋詰 まり(はしづめ まり)
高知県出身、1992年3月7日生まれ。コートネームは「マリ」、ポジションはセンター。中村学園女子高校時代にインターハイベスト4、拓殖大学ではインカレ優勝を果たす。2014年に富士通へ入社。ひたむきにゴールへ向かうオフェンスとリバウンドが武器。
>>橋詰まりプロフィールページはこちら