このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 2017‐2018 NEWCOMER INTERVIEW 日下光
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

女子バスケットボール 富士通レッドウェーブ

2017‐2018 NEW COACH INTERVIEW 日下光

日本大学を卒業後、bjリーグ(現Bリーグ)の仙台89ersにドラフト1巡目で入団。その後、京都ハンナリーズに移籍し、昨年は同チームでBリーグ元年も経験した。そんな日下光(くさか・ひかる)氏がレッドウェーブのコーチに就任。現役時代、2つのプロチームでポイントガードを務めた日下氏が、いかに小滝道仁ヘッドコーチ(以下HC)をサポートし、今シーズンのレッドウェーブを高めてくれるのか。日下コーチに話を伺った。

――昨シーズンで現役を引退され、レッドウェーブのコーチに就任されました。指導側に回ることは以前から考えていましたか?

指導者になることは昔からの夢でした。ただコーチというより、部活の顧問という夢を持っていましたので、教員免許も取得して、引退後は部活動を、と考えていました。

――それがなぜレッドウェーブに来ることになったのですか?

引退を発表してすぐに小滝HCが私に会いに、わざわざ京都まで来て下さったんです。そのことが単純にすごく嬉しくて、そこで彼の話を聞いたときに、私を必要としてくれているという熱意を感じたので、レッドウェーブに決めました。

2017‐2018 NEWCOMER INTERVIEW 日下光
――小滝HCとは以前からのお知合いですか?

いえ、まったくの初対面です。ただ私自身、人見知りをするタイプではないので、彼の言葉を素直に受け入れることができましたね。小滝HCは私より年下ですが年齢は関係ないですし、これまでレッドウェーブでオールジャパン準優勝という成績も残していて、コーチとしてさまざまなキャリアを積んできています。そうした彼のすごさを知って、一緒に働いてみたいなと思ったのです。しかし、何よりも現場のトップ(ヘッドコーチ)がわざわざ会いに来てくれて、自分を必要としてくれる、その熱意が一番響きましたね。

――コーチとしてレッドウェーブをご覧になって、どんな感想をお持ちですか?

いろいろとおもしろくなりそうなチームだな、と思いました。いい部分ももちろんありますが、ちょっとしたところが変われば、もっと良くなるだろうと思うところもあって、それはすでに小滝HCにも伝えてあります。小滝HCからは積極的に発言してほしいと言われているのですが、さまざまな準備などがあって、チームに合流してまだあまり時間が経っていません。それでは選手との信頼関係はできませんし、その状況で何かを言っても選手の心には響かないと思ったので、もう少しコミュニケーションを取って信頼関係を築いてから、選手たちにも伝えていきたいと思います。

――今、おっしゃった「ちょっとしたところが変われば」というのはどういうところですか?

バスケットの面でもいろいろありますが、私としてはまずそれ以外のところを注意喚起していきたいと考えています。たとえば、バスケットは「流れのスポーツ」と言われるほど、いい流れのときもあれば、悪い流れのときもある。悪い流れになったときに、それを変えられる選手を増やしていきたいと思いますし、それを選手たちに気付かせたいと思っています。

――教えるのではなく、気づかせる?
2017‐2018 NEWCOMER INTERVIEW 日下光

はい。バスケットの技術や戦術などでは「こうしなさい」と言って指導することはあります。しかしそれ以外の面では私が何かを直接言うよりも、選手が「ああ、こうしたほうがいいんだな」と気づいたほうが本当に力になると考えています。簡単なことではありませんが、コーチとしては選手が気づけるように指導してきたいです。

――コーチとしては、チームの中でどのような役割を担いますか?

小滝HCは自分の考えをしっかりと主張していくタイプですので、私は彼と選手の架け橋になりたいと考えています。幸いにも私は昨年まで現役選手でしたので、選手の考えもわかると思いますし、そうした意見をしっかり聞き入れながらHCと話し合い、HCの考えを選手にも伝えていきたいと思います。

――目標は?

やる以上、私はJX-ENEOSサンフラワーズに勝ちたいと考えています。昨シーズンは一度も勝てていませんし、JX-ENEOSはシーズン無敗で優勝を飾りました。個人的に「これでは女子バスケット界がおもしろくない」と思ったので、私はどうすればJX-ENEOSを倒せるのかを考えたいと思います。そうすることで他のチームにも勝つ方法が見えてくると思いますので、小滝HC・選手たちと話し合いながら、チームを築いていきたいと思います。

――最後に富士通社員、全国のレッドウェーブファンに向けてメッセージをお願いします

選手たちは毎日、練習をよく頑張っています。今シーズンもその選手たちの頑張りをぜひ見ていただきたいと思います。今年のレッドウェーブにはこれまで以上に、コーチ・選手の一体感がありますし、これからさらに良くなっていくと思います。シーズン序盤だけでなく、シーズンが終わるころに、社員のみなさん、ファンのみなさんから「今シーズンのレッドウェーブはここが良くなったね」と言っていただけるように指導していきます。よろしくお願いいたします。

日下光 日下 光(くさか ひかる)
宮城県仙台市青葉区出身、1982年10月21日生まれ。ポジションはPG。
新潟商業高校時にインターハイ優勝、日本大学時には全日本学生選手権3位。2005年〜2013年までは仙台89ERS、2013年〜2017年 京都ハンナリーズでプレー。引退後、富士通レッドウェーブへコーチとして入団、指導者への道へ進む。