このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第21回Wリーグ >
  5. vsトヨタ紡織 第2戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式instagram
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION

第21回Wリーグ

第21回Wリーグvsトヨタ紡織 第2戦

  • 試合日:2020年2月23日(日)
  • 会  場: コンパルホール(大分県大分市)

第1クォーター

第21回Wリーグ vsトヨタ紡織 第2戦
第21回Wリーグ vsトヨタ紡織 第2戦

前日に5点差で敗れた借りを返すべく立ち上がったレッドウェーブのスタメンは#8内野、#10町田、#11篠崎、#25内尾、#99オコエ。#11篠崎のシュートでレッドウェーブが先制するが、トヨタ紡織に連続失点し、序盤は追いかける展開となる。#8内野の3ポイントシュート、#25内尾のジャンプシュートなどでしっかりついていくと、一度は#99オコエ、#15山本の3ポイントシュートで同点に追いつく。しかしトヨタ紡織に先に抜け出され、我慢の時間帯が続いていく。終盤には#13谷口のステップイン、#10町田の1対1が決まるが、相手を上回ることはできず、【21-21】で第1Qを終える。

第2クォーター

第21回Wリーグ vsトヨタ紡織 第2戦
第21回Wリーグ vsトヨタ紡織 第2戦

第2Qはトヨタ紡織に3ポイントシュートを決められてスタートする。しかしここでレッドウェーブの若手が奮起する。#16栗林がジャンプシュート、速攻を立て続けに決めると、#13谷口も続いて3連続得点をあげ、逆転に成功する。すぐに速攻で返されるが、#25内尾が速攻の流れのなかで3ポイントシュートを決め、トヨタ紡織のタイムアウト明けには#15山本が3ポイントシュートを沈めてリードを広げる。さらに#12篠原がシュートフェイクからのドライブを決めると、#10町田は#12篠原のスクリーンを使って3ポイントシュートを決める。その間、トヨタ紡織の攻撃を単発に抑えると、最後は#8内野が相手にシュートチェックを受けながら3ポイントシュートを決めて【43-33】で前半を折り返す。

第3クォーター

第21回Wリーグ vsトヨタ紡織 第2戦
第21回Wリーグ vsトヨタ紡織 第2戦

10点リードしているとはいえ、気の抜けない後半の立ち上がり。#99オコエのスクリーンを使った#11篠崎がジャンプシュートを決めると、トヨタ紡織の反撃を受けながらも、#25内尾のバスケットカウントなどで我慢の時間帯を耐えていく。すると中盤、#16栗林が強さを発揮する。相手のファウルを受けながらシュートを決めると、次のオフェンスでもフリースローを得る。それでも粘り強く返してくるトヨタ紡織に対して、今度は#13谷口が5連続得点で逆転のきっかけを作らせない。ドライブから始まり、2連続でのフリースロー、ドライブ、そして最後は3ポイントシュートで締めて、約4分間の間に10得点の固め打ち。そのまま【63-55】で第3Qを終える。

第4クォーター

第21回Wリーグ vsトヨタ紡織 第2戦
第21回Wリーグ vsトヨタ紡織 第2戦

トヨタ紡織のスローインでスタートした第4Qだったが、いきなり#10町田が相手のパスをスティールし、そのまま速攻を決める。さらに#10町田のドライブ、#15山本の速攻も決まってトヨタ紡織にタイムアウトを取らせる。その直後には相手にオフェンスリバウンドを連続して取られる場面も出てきたが、その苦しい時間をしのぐと、#15山本のパスを受けた#12篠原がジャンプシュートを決め、さらに#13谷口はバックカットから#10町田のパスを受けてシュートを決める。その間、約4分、レッドウェーブはトヨタ紡織の得点をゼロに抑えていき、リードを広げていく。終盤、トヨタ紡織の反撃を受ける場面もあったが、#13谷口と#25内尾の3ポイントシュート、#12篠原のシュートなどでリードを守り切ったレッドウェーブが【84-72】でトヨタ紡織を下し、前日の借りをきっちり返した。