このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第86回皇后杯(2019-20) >
  5. 【第86回皇后杯】2次ラウンド vsアイシンAW (レポート)
  • チームブログ
  • 公式instagram
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION

第86回皇后杯(2019-20)

第86回皇后杯(2019-20)【第86回皇后杯】2次ラウンド vsアイシンAW

  • 試合日:2019年12月1日(日)
  • 会  場:京都会場(島津アリーナ京都)

第1クォーター

第86回皇后杯 2次ラウンド vs アイシンAW
第86回皇后杯 2次ラウンド vs アイシンAW

皇后杯のセカンドラウンド、アイシン・エィ・ダブリュ ウィングスと対戦したレッドウェーブのスタメンは#8内野、#10町田、#11篠崎、#12篠原、#25内尾。#12篠原のスクリーンを使った#10町田のジャンプシュートでレッドウェーブが先制。しかしアイシン・エィ・ダブリュの攻守に渡るアグレッシブさで逆転を許すと、リズムに乗れないままゲームは進んでいく。#10町田から#25内尾へとつながるバックドアプレーや、途中出場の#15山本が3ポイントシュートを沈めるが、どれも単発に終わってしまう。終盤、#13谷口が1対1、3ポイントシュートと連続して得点を決めるが、ディフェンスで踏ん張り切れずに【13-19】で第1Qを終える。

第2クォーター

第86回皇后杯 2次ラウンド vs アイシンAW
第86回皇后杯 2次ラウンド vs アイシンAW

アイシン・エィ・ダブリュのリバウンドシュートから始まる嫌な立ち上がり。それでも#10町田から#15山本、#11篠崎から#10町田という2本の3ポイントシュートが決まって徐々に点差を近づけていく。中盤にはディフェンスでボールを奪った#10町田が速攻を決め、#15山本も3ポイントシュートでのファウルを受け、2本のフリースローを決めて1点差とする。しかしそこでまたアイシン・エィ・ダブリュに3ポイントシュートと、3ポイントプレーを決め返され、波をつかまえきれない。終盤にも#13谷口がゴールに走り込む動きで#99オコエのアシストを受け、#15山本は3ポイントシュート、#12篠原も#8内野のパスを受けてジャンプシュートを決めたが、24秒ヴァイオレーションギリギリのところで3ポイントシュートを決められるなど、逆転には至らず【30-33】で前半を折り返す。

第3クォーター

第86回皇后杯 2次ラウンド vs アイシンAW
第86回皇后杯 2次ラウンド vs アイシンAW

後半も立ち上がりはアイシン・エィ・ダブリュのペース。3連続失点でビハインドが9点にまで広がってしまう。しかしそこからレッドウェーブの反撃が始まる。#15山本のステップインをかわきりに、#10町田の3ポイントシュート、さらに#15山本が自らが外した3ポイントシュートのこぼれ球を拾って、ゴール下に飛び込んできた#25内尾にアシスト。アイシン・エィ・ダブリュがタイムアウトで流れを断ち切ろうとするが、#25内尾がドライブでファウルを受けてフリースローを獲得。それを2本とも決めて同点においつくと、#8内野の連続オフェンスリバウンドで得たチャンスを#99オコエがフリースローで得点し、逆転に成功する。アイシン・エィ・ダブリュは3ポイントシュートで粘ってくるが、レッドウェーブは#25内尾がスティールからの速攻を決め、さらに#11篠崎の3ポイントシュート、#13谷口のゴール下なども決まって、第3Qを【48-45】とリードして終える。

第4クォーター

第86回皇后杯 2次ラウンド vs アイシンAW
第86回皇后杯 2次ラウンド vs アイシンAW

#13谷口が連続得点をあげるが、アイシン・エィ・ダブリュの#18宮下にリバウンドシュートを決められ、さらに#14板谷に3ポイントシュートを決められるなど、リードを保てず逆転を許してしまう。またレッドウェーブの根幹ともいうべきディフェンスも、積極的にアタックしてくるアイシン・エィ・ダブリュを守り切れず、フリースローでの失点を重ねてしまう。中盤、#99オコエとの2対2から#10町田がジャンプシュートを決め、さらにドライブも決めるが、その間も連続失点をするなど、攻守がもうひとつかみ合わない。終盤には#15山本のバスケットカウント、#12篠原のポストプレーなどで粘りを見せるが、あと一歩が出ない。最後までリズムをつかめなかったレッドウェーブが【65-70】で敗れ、令和初の皇后杯に幕を下ろした。