このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第21回Wリーグ >
  5. vs三菱電機 第1戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式instagram
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION

第21回Wリーグ

第21回Wリーグvs三菱電機 第1戦

  • 試合日:2019年10月18日(金)
  • 会  場:横須賀アリーナ(神奈川県横須賀市)

第1クォーター

第21回Wリーグ vs三菱電機 第1戦
第21回Wリーグ vs三菱電機 第1戦

2014年以来、5年ぶりとなる横須賀でのゲームに臨むレッドウェーブのスタメンは#8内野、#10町田、#11篠崎、#12篠原、#25内尾。先制こそ三菱電機に奪われるが、すぐに#25内尾と#11篠崎の連携で同点に追いつき、さらに#11篠崎が速攻で連続得点を重ねて、先行しようとする三菱電機に序盤の流れを渡さない。する中盤、一歩抜け出しそうになった相手を#10町田のドライブ、#13谷口の3ポイントシュートで逆転する。その流れを嫌った三菱電機がタイムアウトを取るが、#13谷口から#99オコエへのパスがつながりレッドウェーブが抜け出す。最後は#21松本がハーフラインを少し入ったところからロングシュートを放ち、それが決まって【18-12】で第1Qを終える。

第2クォーター

第21回Wリーグ vs三菱電機 第1戦
第21回Wリーグ vs三菱電機 第1戦

第2Qはいきなりの連続失点で2点差に詰め寄られ、一度は#11篠崎がジャンプシュートで返すが、相手のディフェンスを攻めあぐね、さらにレッドウェーブのミスも続いて、リズムをつかめず、同点に追いつかれてしまう。BTテーブスヘッドコーチがタイムアウトを取って悪い流れを断ち切ると、#8内野、#11篠崎がともに#10町田からのパスを受けて、3ポイントシュートを沈める。さらに#10町田と#11篠崎のホットラインでゴール下の得点を取ると、#8内野のルーズボールから#99オコエがゴール下のシュートをねじ込む。その間、三菱電機#9小菅に失点するものの、それを単発に抑え込み、前半を【31-25】で折り返す。

第3クォーター

第21回Wリーグ vs三菱電機 第1戦
第21回Wリーグ vs三菱電機 第1戦

後半も立ち上がりこそ三菱電機が高さを生かして追い上げてくるが、その追い上げを#8内野がことごとく跳ね返していく。#25内尾のパスを受けて3ポイントシュートを決めると、さらに相手のゾーンディフェンスの穴をうまく突いて連続得点。プレッシャーディフェンスで奪ったボールを#11篠崎が速攻で決めるのを挟んで、さらに#8内野が3ポイントシュートを沈める。今度は三菱電機がタイムアウトを取って、レッドウェーブに傾いた流れを断ち切ろうとするが、それを今度は#15山本が冷静に対処する。力強いドライブからバックシュートを決めると、3ポイントシュートも沈めて、三菱電機に流れを渡さない。そのまま【46-37】で第3Qを終える。

第4クォーター

第21回Wリーグ vs三菱電機 第1戦
第21回Wリーグ vs三菱電機 第1戦

ディフェンスで立て直しを図ろうとする三菱電機に対して、なかなかオフェンスのリズムをつかめないレッドウェーブ。それでも速攻から#10町田のパスを#14田中が決めて得点を動かすと、#12篠原がローポストのアタックから左手のシュートを決めてリードを保つ。その間、ディフェンスでも我慢を続け、オフェンスリバウンドを取られても、失点につなげない。そのため第4Qが始まって約6分の間の得点は【4-4】で推移する。このまま我慢比べかと思われたときに抜け出したのはレッドウェーブだった。#15山本のジャンプシュート、#10町田の1対1と続き、最後は#15山本が3ポイントシュートを沈めて勝負あり。残り5分を無失点でまとめたレッドウェーブが【57-41】で三菱電機を下した。