このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第21回Wリーグ >
  5. vsJX-ENEOS 第2戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式instagram
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION

第21回Wリーグ

第21回WリーグvsJX-ENEOS 第2戦

  • 試合日:2019年10月5日(土)
  • 会  場:大田区総合体育館(東京都大田区)

第1クォーター

第21回Wリーグ vsJX-ENEOS 第2戦
第21回Wリーグ vsJX-ENEOS 第2戦

開幕戦を勝利で飾ったレッドウェーブの対JX-ENEOSサンフラワーズ第2戦。スタメンは#8内野、#10町田、#11篠崎、#12篠原、#25内尾。レッドウェーブは最初のオフェンスで#25内尾のパスを受けた#11篠崎がいきなり3ポイントシュートを沈める。すぐに逆転を許したが、今度は#8内野がバスケットカウントを決め、そのボーナススローもしっかり沈めて再逆転に成功。それでも3ポイントシュートで反撃してくるJX-ENEOSに対し、レッドウェーブは#11篠崎、#99オコエの1対1、#21松本のフリースローで食らいつく。そのまま【11-15】で第1Qを終える。

第2クォーター

第21回Wリーグ vsJX-ENEOS 第2戦
第21回Wリーグ vsJX-ENEOS 第2戦

立ち上がり、JX-ENEOSの高さで失点するが、レッドウェーブは#14田中のリバウンドから#21松本が3ポイントシュートを決める。すぐに3ポイントを決め返されると、負けずに#99オコエが3ポイントシュートを決め返す。しかし今日のレッドウェーブはそこで踏ん張りが効かず、3ポイントシュート、ドライブ、ジャンプシュートと3連続失点。タイムアウト後にはゾーンディフェンスを敷くが、それも3ポイントシュートで攻略されてしまう。それでもレッドウェーブは#10町田の1対1、#15山本の3ポイントシュートで粘りを見せる。さらに#11篠崎も得点を重ねるが、JX-ENEOSのオフェンスを防ぎきれず、【26-38】で前半を折り返す。

第3クォーター

第21回Wリーグ vsJX-ENEOS 第2戦
第21回Wリーグ vsJX-ENEOS 第2戦

逆転勝利のためにも反撃に出たいレッドウェーブだったが、相手に傾いた流れをなかなか引き寄せられない。#10町田のジャンプシュートや、#12篠原のジャンプシュートで反撃を試みるが単発に終わり、逆に相手に連続してバスケットカウントを決められてしまう。早い時間帯でタイムアウトも取るが、#10町田の個人技、#11篠崎の巧みなステップからの速攻もやはり単発に終わってしまう。終盤には#13谷口がボールを浮かすシュートや力強いドライブを決め、#15山本もジャンプシュートを沈めるが、ディフェンスを修正しきれず【44-64】で第3Qを終える。

第4クォーター

第21回Wリーグ vsJX-ENEOS 第2戦
第21回Wリーグ vsJX-ENEOS 第2戦

20点差をひっくり返すため、全員が3ポイントシュートを打てるスモールラインアップで最終Qをスタートさせたレッドウェーブ。それが効を奏し、#21松本が連続3ポイントシュートを決めて、会場を沸かせる。連続失点の後にはタイムアウトで相手に傾きかけた流れを断ち切り、#10町田の3ポイントシュートを呼び込む。さらに#10町田はディフェンスに体をぶつけながらシュートを決める世界レベルのプレーを見せる。しかし今日のレッドウェーブは相手の3ポイントシュートの正確さに苦しみ、ここでも3連続でそれを決められてしまう。終盤には#14田中のゴール下、#13谷口がステップバックからの3ポイントシュートを決めるなど意地を見せるが、追いつくことはできず、【64-82】で今シーズン最初の敗北を喫した。