このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第20回Wリーグ >
  5. vsデンソー 第2戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

第20回Wリーグ

第20回Wリーグvsデンソー 第2戦

  • 試合日:2019年1月27日(日)
  • 会  場:ウインク体育館(兵庫県姫路市)

第1クォーター

第20回Wリーグ vsデンソー 第2戦
第20回Wリーグ vsデンソー 第2戦

前日粘りながらも2点差でデンソーアイリスに敗れたレッドウェーブ。第2戦のスタメンは#8内野、#10町田、#11篠崎、#15山本、#25内尾。序盤は両チームが一歩も引かず、どちらが先に流れを掴むかという攻防戦が展開される。先に抜け出したいレッドウェーブだったが、3連続失点でデンソーに抜け出されてしまう。レッドウェーブも#10町田の連続得点でその差を縮め、さらに#8内野の3ポイントシュート、#10町田のドライブで同点に追いつく。終盤、#15山本の3ポイントシュートで一度は逆転をするが、最後はデンソーにブザービーターでの3ポイントシュートを決められ【23ー26】で第1Qを終える。

第2クォーター

第20回Wリーグ vsデンソー 第2戦
第20回Wリーグ vsデンソー 第2戦

立ち上がり、#10町田のバスを受けた#15山本が3ポイントシュートを沈めて同点に追いつくと、デンソー#8高田にバスケットカウントでの3ポイントプレーを決められた直後、#11篠崎がバスケットカウントでの3ポイントプレーを決め返して、またもリズムの奪い合いが始まる。ここでもデンソーに抜け出されるが、レッドウェーブは#21松本のジャンプシュートで粘りを見せる。なかなかリズムのつかめないレッドウェーブだったが、#10町田から#11篠崎につながる速攻が決まると、#9村山が3ポイントシュートを沈めて同点に追いつく。さらに#15山本の3ポイントシュートで抜け出すと、最後は#16栗林がフリースローを1本決めて【40ー38】で前半を折り返す。

第3クォーター

第20回Wリーグ vsデンソー 第2戦
第20回Wリーグ vsデンソー 第2戦

後半の立ち上がりはレッドウェーブがリズムをつかむ。#11篠崎、#25内尾が連続で3ポイントシュートを決めてリードを広げる。しかしここから#8高田を起点としたデンソーのオフェンスを止めきれず、連続失点のあとに、#31高田がドライブを挟んでそこからさらに3連続失点。逆転を許してしまう。#10町田が2本のフリースローを決めるが、そこからさらにタイムアウトを挟んで3連続失点。リードを広げられてしまう。それでもレッドウェーブは#15山本の3ポイントシュートをきっかけに、#10町田のバスケットカウントや、#15山本のこの日5本目となる3ポイントシュート、さらに#31高田も3ポイントシュートで続いて再逆転に成功する。しかし最後はデンソーに決められ【62ー63】で最終Qへと突入する。

第4クォーター

第20回Wリーグ vsデンソー 第2戦
第20回Wリーグ vsデンソー 第2戦

先に抜け出して、いい流れを作りたいレッドウェーブだったが、先制したのはデンソー。すぐに#11篠崎がドライブを決めるが、そこから約4分半、レッドウェーブの得点が止まってしまう。その間にデンソーの層の厚いオフェンスを食い止めることができず、4連続失点をおかして、この試合最大の得点差となる12点のビハインドを背負ってしまう。残り4分49秒でようやく#8内野が3ポイントシュートを決めるが、後が続かずにまたも2分間得点が止まってしまう。レッドウェーブにとっては時間だけが過ぎていく終盤、#10町田のドライブ、#21松本のフリースローが決まるが、逆転への流れは生まれず、【71ー81】で連敗を喫した。