このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第85回皇后杯(2018-19) >
  5. 2次ラウンド vsミツウロコ (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

第85回皇后杯(2018-19)

第85回皇后杯(2018-19)2次ラウンド vsミツウロコ

  • 試合日:2018年12月2日(日)
  • 会  場:トッケイセキュリティ平塚総合体育館 (神奈川県平塚市)

第1クォーター

皇后杯 2次ラウンド vs ミツウロコ
皇后杯 2次ラウンド vs ミツウロコ

皇后杯の2次ラウンド、ミツウロコ戦に臨むレッドウェーブのスタメンは#10町田、#11篠崎、#12篠原、#15山本、#31高田。最初に得点をあげたのは開幕戦以来のスタメンとなる#12篠原。高さを生かした左手のシュートを決めると、#11篠崎が速攻で続く。さらに#12篠原からのパスを受けた#11篠崎が3ポイントシュートで応えて、ミツウロコを突き放しにかかる。ディフェンスでも相手にプレッシャーをかけ、攻撃のリズムをつかませない。中盤には#31高田、#15山本が立て続けに3ポイントシュートを沈める。さらに#10町田のドライブ、#16栗林のリバウンドシュートが決まると、#13谷口が後ろに下がりながらのシュートを決める。終盤、相手に走られる場面もあったが、レッドウェーブは#13谷口が3ポイントシュート2本を含む3連続得点をあげて【35ー14】で第1Qを終える。

第2クォーター

皇后杯 2次ラウンド vs ミツウロコ
皇后杯 2次ラウンド vs ミツウロコ

第1Qの大量リードで余裕と勢いを得たレッドウェーブは、第2Qに入ってもその力を緩めない。#13谷口のドライブに#9村山が合わせて3ポイントシュートを決めると、ターンオーバーが続く場面こそあったものの、#13谷口、#11篠崎が連続で3ポイントシュートを決めて、ミツウロコにタイムアウトを取らせる。その後、ディフェンスに綻びが生じ、リバウンドシュートを立て続けに決められてしまったが、#10町田と交代した#21松本が3ポイントシュートを決めて、相手に傾きかけた流れを取り戻す。さらに速攻で#11篠崎のパスを受けた#27藤永もシュートを決め、#12篠原のバスケットカウント、#13谷口と#12篠原のピック&ロールも決まって【62ー26】で前半を折り返す。

第3クォーター

皇后杯 2次ラウンド vs ミツウロコ
皇后杯 2次ラウンド vs ミツウロコ

後半の立ち上がり、チームの勢いをさらに加速させたのは#15山本。いきなり3ポイントシュートを決めると、速攻で相手のファウルを誘い、フリースローで得点をつなぐ。その流れに乗じたレッドウェーブは#10町田の3ポイントシュート、#12篠原はリバウンドシュート、#31高田のスティールから#12篠原のゴール下と次々に得点を重ね、一気に突き放す。ミツウロコのタイムアウト明けには若手が奮起。#27藤永がドライブを決め、#16栗林はリバウンドシュート、さらに#27藤永と#16栗林のコンビネーションも決まって、ミツウロコに後半2度目のタイムアウトを取らせる。終盤、失点をする場面も増えたが、#11篠崎のリバウンドシュート、#21松本のドライブが決まって、【86ー43】で第3Qを終える。

第4クォーター

皇后杯 2次ラウンド vs ミツウロコ
皇后杯 2次ラウンド vs ミツウロコ

最終Qも先に得点を動かしたのはレッドウェーブ。#31高田が3ポイントシュートを沈めると、#16栗林は#21松本のパスを受けて、バスケットカウントを決める。#21松本はさらに連続で3ポイントシュートを決めたあと、今度は連続で#16栗林へのアシストを決める活躍。中盤以降、#30中島や#3梶原、#7王ら若手もコートに立ち、経験を積んでいく。ゲームの行方がほぼ決まった最終盤こそディフェンスが弱まってしまい、失点を重ねる場面が増えたが、ルーズボールを拾った#9村山がシュートをねじ込み、#27藤永も積極的なシュートで得点をあげて【106ー61】で勝利。年明けに行われる皇后杯のファイナルラウンド進出を決めた。