このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第20回Wリーグ >
  5. vsシャンソン 第1戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

第20回Wリーグ

第20回Wリーグvsシャンソン 第1戦

  • 試合日:2018年11月3日(土)
  • 会  場:トッケイセキュリティ平塚総合体育館(神奈川県平塚市)

第1クォーター

第20回Wリーグ vsシャンソン 第1戦
第20回Wリーグ vsシャンソン 第1戦

平塚でシャンソン化粧品シャンソンVマジックを迎え撃つレッドウェーブのスタメンは#10町田、#11篠崎、#15山本、#16栗林、#25内尾。#11篠崎の3ポイントシュートでレッドウェーブが先制するが、ミスから失点をするなど序盤のリズムを掴めない。それでも#15山本の3ポイントシュート、#8内野のルーズボールからの得点で追い上げていくと、#16栗林のオフェンスリバウンドから#31高田の3ポイントシュートを沈めて逆転に成功する。シャンソン化粧品に決め返されるが、最後は#10町田のオフェンスリバウンドから#8内野がドライブをねじ込んで【15ー15】で第1Qを終える。

第2クォーター

第20回Wリーグ vsシャンソン 第1戦
第20回Wリーグ vsシャンソン 第1戦

第2Qの立ち上がりにリズムを掴んだのはレッドウェーブ。#15山本、#8内野が立て続けに3ポイントシュートを決める。さらに#16栗林を経由したプレーで#5曽我部がレイアップシュートを決めると、さらに#5曽我部は3ポイントシュートも沈めて、チームに勢いを与える。そこからシャンソン化粧品に粘られるが、そのたびに#10町田、#15山本が得点をあげて、悪い流れを断ち切っていく。シャンソン化粧品のタイムアウト明けには#16栗林のジャンプシュートと、#31高田の3ポイントシュートを#10町田が絶妙なパスで導き出す。最後は#15山本がフリースローを決めて【38ー30】で前半を折り返す。

第3クォーター

第20回Wリーグ vsシャンソン 第1戦
第20回Wリーグ vsシャンソン 第1戦

後半はシャンソン化粧品が先に得点を動かすが、そこからレッドウェーブが連続得点をあげる。先陣を切ったのは#25内尾のドライブ。そこから#15山本の3ポイントシュート、#11篠崎のジャンプシュート、そして最後は#10町田のドライブが決まって4連続得点。勢いに乗ったレッドウェーブは#5曽我部の3ポイントシュート、#31高田のオフェンスリバウンドから#11篠崎がファウルを誘い、そのフリースローをきっちり決める。終盤には#16栗林のジャンプシュート、#10町田の速攻、#8内野の3ポイントシュートが決まって【61ー47】で第3Qを終える。

第4クォーター

第20回Wリーグ vsシャンソン 第1戦
第20回Wリーグ vsシャンソン 第1戦

立ち上がりこそシャンソン化粧品#6本川に3ポイントシュートを決められるが、その流れを#11篠崎が断ち切る。連続3ポイントシュートを沈めて、逆にシャンソン化粧品を突き放しにかかる。その後ディフェンスはシャンソン化粧品#28落合に失点を繰り返すが、踏ん張りを見せて、流れを掴ませるような連続失点をしない。オフェンスでは完全に自分の流れを掴んだ#11篠崎が止まらない。#16栗林のスクリーンをうまく使ってノーマークシュートを決める。その#16栗林もオフェンスリバウンドから得点し、そのままシャンソン化粧品を【73ー55】で振り切った。