このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第19回Wリーグ >
  5. プレーオフ・クォーターファイナル vsシャンソン (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

第19回Wリーグ

第19回Wリーグプレーオフ・クォーターファイナル vsシャンソン

  • 試合日:2018年3月17日(土)
  • 会  場:秋田県立体育館(秋田県秋田市)

第1クォーター

【第19回Wリーグ】プレーオフ・クォーターファイナル vsシャンソン
【第19回Wリーグ】プレーオフ・クォーターファイナル vsシャンソン

レギュラーシーズンを5位で終えたレッドウェーブが臨むプレーオフ・クォーターファイナル。そのスタメンは#10町田、#11篠崎、#12篠原、#15山本、#16栗林。立ち上がりこそシャンソン化粧品に失点を許すが、#12篠原から#16栗林へのコンビプレーが決まると、#10町田の3ポイントシュートなどで徐々にリズムをつかむ。中盤にも#10町田が少し遠めの3ポイントシュートを決め、さらに#11篠崎のジャンプシュート、#10町田の速攻、#11篠崎の速攻と3連続得点でリードを広げる。終盤には#10町田がゴール下でノーマークになっている#31高田への絶妙はアシストを決め、#12篠原のジャンプシュート、#31高田の3ポイントシュートも効果的に決まって【23ー16】で第1Qを終える。

第2クォーター

【第19回Wリーグ】プレーオフ・クォーターファイナル vsシャンソン
【第19回Wリーグ】プレーオフ・クォーターファイナル vsシャンソン

第1Qの流れを持続させたいレッドウェーブだったが、シャンソン化粧品のインサイド陣に連続失点をして、第1Qのリードを一気に吐き出してしまう。#16栗林がジャンプシュートを決めるが、シャンソン化粧品に傾いた流れを断ち切れず、またも連続失点で逆転を許してしまう。中盤には#12篠原のオフェンスリバウンドから#15山本が3ポイントシュートを決めるが、すぐに3ポイントシュートを決め返されるなど、流れがつかめない。それでもタイムアウトを取ると、#10町田のパスから#12篠原がゴール下を決め、さらに#12篠原のポストプレーに#9村山が合わせてリードを奪う。最後は#11篠崎が#10町田のパスから得点し【34ー33】で前半を折り返す。

第3クォーター

【第19回Wリーグ】プレーオフ・クォーターファイナル vsシャンソン
【第19回Wリーグ】プレーオフ・クォーターファイナル vsシャンソン

後半の立ちあがり、#11篠崎が1対1からジャンプシュートを決めて、流れを作ろうとするが、#16栗林が4つ目のファウルを犯してしまい、ベンチに下がってしまう。すると徐々に流れがシャンソン化粧品に傾き始め、3連続失点で逆転を許してしまう。粘るレッドウェーブは#9村山がバスケットカウントを決め、そのフリースローも沈めてリードを奪い返す。#10町田のフリースローで得点をつなぐが、シャンソン化粧品に3ポイントシュートで返されて、徐々にリードを広げられてしまう。終盤には#12篠原が得意のターンシュートを決め、さらにオフェンスリバンドからバスケットカウントも決めるが、シャンソン化粧品の攻撃を防ぎきれず、2本の3ポイントシュートと、ミスからの速攻を決められ【48ー55】で第3Qを終える。

第4クォーター

【第19回Wリーグ】プレーオフ・クォーターファイナル vsシャンソン
【第19回Wリーグ】プレーオフ・クォーターファイナル vsシャンソン

あとがない最終Qは得点からスタートさせたかったが、失点からスタートしてしまう。それでも#31高田から#9村山への合わせ、#5曽我部の速攻が連続で決まり、徐々に流れが出てくる。しかし#5曽我部が2本目の速攻を決めたところでシャンソン化粧品がタイムアウトを取り、レッドウェーブに傾いていた流れを断ち切られてしまう。そこからシャンソン化粧品に3連続失点を犯す。タイムアウトを取ったレッドウェーブは#31高田が3ポイントシュートを決め、#11篠崎も続くが、逆転の流れを生み出すまでには至らず、時間だけが経過していく。そのまま【61ー70】で敗れ、レッドウェーブの2017-2018シーズンはプレーオフ・クォーターファイナルで幕を下ろした。