このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第19回Wリーグ >
  5. vsトヨタ紡織 第3戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

第19回Wリーグ

第19回Wリーグvsトヨタ紡織 第3戦

  • 試合日:2018年3月4日(日)
  • 会  場:岡崎中央総合公園体育館(愛知県岡崎市)

第1クォーター

第19回Wリーグ vsトヨタ紡織 第3戦
第19回Wリーグ vsトヨタ紡織 第3戦

前日の接戦を制し、プレーオフに向けて勢いを加速させたいレッドウェーブのスタメンは#10町田、#11篠崎、#12篠原、#15山本、#16栗林。しかし序盤からファウルやミスでなかなか勢いに乗れない。それでも開始2分過ぎに#15山本が3ポイントシュートを決めて先制すると、#12篠原がポストプレーで続く。その後も#11篠崎の速攻、#10町田のジャンプシュート、そして#12篠原から#16栗林へのポストプレーが決まってリードを拡大していく。しかしミスがなかなか収まらず、終盤、またも流れが滞ってしまう。ディフェンスでなんとか踏ん張ることで相手の失点を抑え込み、流れを奪われることはなかったが、終盤の得点は#16栗林のフリースローとステップインのみ。重たい展開を断ち切れないまま【15ー10】で第1Qを終える。

第2クォーター

第19回Wリーグ vsトヨタ紡織 第3戦
第19回Wリーグ vsトヨタ紡織 第3戦

第2Qは#10町田のアシストを#11篠崎がバスケットカウントで決めてスタートさせる。その後、連続失点をしてしまうが、#9村山のジャンプシュートをきっかけに、#31高田から#16栗林に渡る速攻、#16栗林のアシストで決めた#9村山の3ポイントシュート、そして#31高田の3ポイントシュートと4連続得点で【28-14】とダブルスコア(2倍の点差)にする。中盤、トヨタ紡織の3ポイントシュート、バスケットカウントでレッドウェーブの流れを断ち切られそうになるが、ここでもディフェンスで踏ん張り、相手にペースを握らせるまでには至らない。終盤には#12篠原がポストプレーから左手のシュートを決めると、最後は#10町田がドライブを決めて【32ー22】で前半を折り返す。

第3クォーター

第19回Wリーグ vsトヨタ紡織 第3戦
第19回Wリーグ vsトヨタ紡織 第3戦

ハーフタイムに修正を施したレッドウェーブが第3Qは怒涛の攻撃を見せる。#10町田が3ポイントシュートを決めると、#12篠原は#11篠崎から受けたパスをドライブでゴールへ。#16栗林は直前のミスを取り返すかのようなパワフルな1対1でゴール下を決め、#15山本は速攻からの流れで3ポイントシュートを沈める。そして#12篠原の速攻が決まったところで、トヨタ紡織がたまらずタイムアウト。しかし流れは変わらず、#15山本がジャンプシュートを、#11篠崎が3ポイントシュートを。そして#10町田がドライブを決めて、完全にゲームの掌握に成功する。終盤はトヨタ紡織に失点する場面もあったが、連続失点は許さず、#11篠崎のジャンプシュート、#15山本のドライブ、1対1が効果的に決まって、このQだけで25得点。【57ー34】で第3Qを終える。

第4クォーター

第19回Wリーグ vsトヨタ紡織 第3戦
第19回Wリーグ vsトヨタ紡織 第3戦

最終Qはトヨタ紡織の3ポイントシュートで始まるが、#15山本がゴール下でノーマークになっていた#9村山を見つける好判断。その後は防戦を強いられ、失点も許してしまうが、中盤にはその悪い流れを#15山本がドライブで打ち破る。さらに#15山本は3ポイントシュート、ドライブを立て続けに決めてレッドウェーブに流れをもたらすと、#31高田も#9村山へのアシストを決めて、勝利をほぼ確実なものとする。終盤にはアーリーエントリーの3人を含む若手がコートに立ち、思い切りのよいプレーを披露。最後は#25内尾がバックコートから運んだボールをそのままレイアップシュートで沈めて【71ー49】、トヨタ紡織を下して、連勝を3に伸ばした。