このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第19回Wリーグ >
  5. vsトヨタ自動車 第3戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

第19回Wリーグ

第19回Wリーグvsトヨタ自動車 第3戦

  • 試合日:2018年3月3日(土)
  • 会  場:岡崎中央総合公園体育館(愛知県岡崎市)

第1クォーター

第19回Wリーグ vsトヨタ自動車 第3戦
第19回Wリーグ vsトヨタ自動車 第3戦

愛知・岡崎でトヨタ自動車アンテロープスと対戦するレッドウェーブのスタメンは#10町田、#11篠崎、#12篠原、#15山本、#16栗林。試合開始早々、フリースローから失点するが、すぐに#11篠崎がジャンプシュートで返す。さらに#10町田からゴール下の#15山本への絶妙なアシストが通ると、その#15山本が続けてドライブからのバスケットカウントを決め、序盤の流れを作る。中盤には#12篠原がオフェンスリバウンドからフックシュート、1対1からのバスケットカウントを立て続けに決める。トヨタ自動車に粘られるものの、終盤には#12篠原のポストプレー、#9村山の3ポイントシュートが決まって【19ー13】で第1Qを終える。

第2クォーター

第19回Wリーグ vsトヨタ自動車 第3戦
第19回Wリーグ vsトヨタ自動車 第3戦

第2Qは#16栗林のステップインでスタート。しかしそこから2本の3ポイントシュートを含む3連続失点で流れを渡してしまう。それでも#31高田が3ポイントシュートを決めると、#10町田のスティールから#5曽我部が素早く3ポイントシュートを決めて、傾きかけた流れを取り戻す。直後に取られたトヨタ自動車のタイムアウトで流れは再び相手に傾くが、富士通も素早くタイムアウトを請求し、悪い流れを断ち切る。すると#10町田のアシストから#31高田が3ポイントシュートを沈め、さらに#12篠原が2人がかりのディフェンスに苦しんでいるところにまたも#31高田がゴール下で合わせて得点をあげる。しかし終盤ミスから失点し、最後は相手のブザービーターを決められ、【35ー36】で前半を折り返す。

第3クォーター

第19回Wリーグ vsトヨタ自動車 第3戦
第19回Wリーグ vsトヨタ自動車 第3戦

後半も立ち上がりこそトヨタ自動車に攻め込まれて失点をしてしまう。しかし#11篠崎の3ポイントシュートをきっかけに、#12篠原のゴール下、#10町田のルーズボールから#15山本が3ポイントシュートを決めるなど、徐々に流れを取り戻していく。中盤からは#11篠崎と#12篠原の同学年コンビがチームを引っ張る。#12篠原から#11篠崎への合わせが決まったかと思うと、#12篠原のターンシュート、#11篠崎のスティールからの速攻が決まって、相手に大きな流れを渡さない。さらに#11篠崎のアシストから#12篠原がジャンプシュートを決めて逆転すると、#12篠原のフリースローを挟んで、#11篠崎が1対1を得点につなげる。終盤には#10町田がドライブからバスケットカウントを決めて【58ー54】で第3Qを終える。

第4クォーター

第19回Wリーグ vsトヨタ自動車 第3戦
第19回Wリーグ vsトヨタ自動車 第3戦

序盤はお互いが決めきれない展開となるが、レッドウェーブは#16栗林がフリースローでつなぐと、#10町田と#31高田のコンビプレーが決まって、リードを広げる。さらに#11篠崎がドライブを決めたところでトヨタ自動車にタイムアウトを取らせる。その直後、トヨタ自動車#7水島の3ポイントシュート、#0馬瓜のバスケットカウントを決められ、嫌なムードになる。#12篠原がターンシュートを決めるものの、流れは依然としてトヨタ自動車。ジャンプシュート、3ポイントシュートを決められて、ついに逆転を許してしまう。タイムアウトを取っても、スティールされたボールがコート内の審判に当たって、トヨタ自動車に渡り、そこから速攻を決められ3点差にされてしまう。しかし最後まで諦めないレッドウェーブは#9村山がフリースローをきっちり2本決めて1点差とすると、残り12秒で#11篠崎もフリースローをきっちり沈めて逆転。最後はトヨタ自動車の攻撃を守って【71ー70】でトヨタ自動車を下した。