このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第19回Wリーグ >
  5. vsデンソー 第2戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

第19回Wリーグ

第19回Wリーグvsデンソー 第2戦

  • 試合日:2018年1月21日(日)
  • 会  場:川崎市とどろきアリーナ(神奈川県川崎市)

第1クォーター

第19回Wリーグ vsデンソー 第2戦
第19回Wリーグ vsデンソー 第2戦

昨日リーグ戦の連勝を8で止めたレッドウェーブ。再浮上のきっかけを作るスタメンは#5曽我部、#10町田、#12篠原、#15山本、#16栗林。序盤からレッドウェーブがペースを握る。#16栗林のバスケットカウントで試合を動かすと、#15山本が3ポイントシュートで続いて、いきなり6ー0とする。デンソーも反撃してくるが、プレッシャーをかけたディフェンスでリズムを掴ませない。失点をしても、#15山本のバスケットカウント、#10町田のゴール下での合わせ、#12篠原のターンシュートなどで一つひとつ返していく。終盤、デンソーの3ポイントシュートで点差を縮められるが、#31高田から#16栗林、#15山本から#12篠原とコンビプレーが連続して飛び出し、【23ー18】で第1Qを終える。

第2クォーター

第19回Wリーグ vsデンソー 第2戦
第19回Wリーグ vsデンソー 第2戦

第2Qに入ってもレッドウェーブは厳しいディフェンスでデンソーにリズムを掴ませない。オフェンスでは#12篠原のターンシュート、#11篠崎の3ポイントシュートが決まって、リードを広げる。しかし中盤以降、ファウルトラブルなどもあり、レッドウェーブも得点を伸ばしていけない。すると中盤、これまでデンソーの猛攻を防いでいたディフェンスに綻びが生じはじめ、連続失点で2点差にまで追い上げられる。悪い流れを断ち切ったのは#31高田。#11篠崎のパスを受けて3ポイントシュートを沈める。さらに#5曽我部のジャンプシュート、#15山本のジャンプシュートも決まって【37ー33】で前半を折り返す。

第3クォーター

第19回Wリーグ vsデンソー 第2戦
第19回Wリーグ vsデンソー 第2戦

4点のリードで気を緩めることなく、さらに勢いを加速したいレッドウェーブだったが、立ち上がりからデンソーにペースを掴まれてしまう。デンソー#8高田、#88赤穂(ひ)に3連続失点し、前半のリードをすべて吐き出してしまう。レッドウェーブも#10町田のアシストを#12篠原が決めて食らいつくが、デンソーのインサイド陣を止めることができない。タイムアウトで流れを断ち切ろうとするが、逆にミスから失点をしてしまう悪循環。#16栗林のフリースロー、#11篠崎の速攻からのジャンプシュートが連続して決まるが、またも自分たちのミスから相手に3ポイントシュートを決められるなど、4連続失点。終盤、#15山本がファウルを誘って、フリースローを決めるが、第3Qは8得点しか奪えず、【45ー55】で終える。

第4クォーター

第19回Wリーグ vsデンソー 第2戦
第19回Wリーグ vsデンソー 第2戦

10点差を追うレッドウェーブだったが、連続失点をして後半2度目のタイムアウトを取る。その後、#15山本のスティールから#10町田が速攻を決めるが、流れを生むところまでは至らず、ディフェンスの良さが得点に結びつかない苦しい時間帯が続く。我慢をしていたレッドウェーブだったが、中盤、デンソーのインサイド陣に連続失点して、リードを広げられてしまう。それでも諦めず、なんとか流れを変えようと#11篠崎が1対1を仕掛けて、得点を取るが、単発に決まるだけ。終盤、#11篠崎のバスケットカウント、#15山本のパスを#10町田が決めるシーンもあったが、デンソーを捉えることはできず【54ー69】で敗れ、ホーム・とどろきアリーナで連敗を喫した。