このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第19回Wリーグ >
  5. vsデンソー 第1戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

第19回Wリーグ

第19回Wリーグvsデンソー 第1戦

  • 試合日:2018年1月20日(土)
  • 会  場:川崎市とどろきアリーナ(神奈川県川崎市)

第1クォーター

第19回Wリーグ vsデンソー 第1戦
第19回Wリーグ vsデンソー 第1戦

リーグ戦8連勝中ながら、皇后杯で苦杯を舐めたデンソーアイリスをホーム・とどろきアリーナに迎えたレッドウェーブ。スタメンは#5曽我部、#10町田、#12篠原、#15山本、#16栗林。デンソーに先制されるが、すぐに#15山本のステップイン、#16栗林のポストプレーでペースをつかむ。さらに#5曽我部のドライブ、#15山本のジャンプシュートでリードを奪うが、そこから得点が伸びていかない。逆にデンソーにジリジリと追い上げられ、終盤#10町田の3ポイントシュートで一度は突き放したかに見えたが、そこから3連続失点をしてしまい、【11ー15】で第1Qを終える。

第2クォーター

第19回Wリーグ vsデンソー 第1戦
第19回Wリーグ vsデンソー 第1戦

第2Qも先にデンソーに得点を動かされるが、#15山本のドライブ、#12篠原の1対1で追い上げる。さらに#5曽我部のアシストを受けた#31高田が3ポイントシュートを沈めて同点とすると、今度は#10町田のパスを#16栗林が決めて逆転。しかし中盤、デンソー#88赤穂ひまわりのバスケットカウント、#22田村の3ポイントシュートを決められ再逆転されると、流れはデンソーに傾いてしまう。#9村山のアシストを#16栗林がジャンプシュートで決めたあとは3分弱、得点が止まってしまう。終盤、#31高田、#10町田が連続得点をあげるが、最後の2分間はまたも得点が止まってしまい、その間にデンソーに失点を重ね【28ー38】で前半を折り返す。

第3クォーター

第19回Wリーグ vsデンソー 第1戦
第19回Wリーグ vsデンソー 第1戦

追い上げたいレッドウェーブは#15山本のドライブで後半の幕を開けると、#10町田が3ポイントシュートで続き、追い上げムードを作り出す。さらに#5曽我部のスティールから#10町田がレイアップシュートを決めると、#5曽我部がまたしてもスティールをし、今度は自らが速攻を決める。その後、お互いが決め合って迎えた中盤、#5曽我部が2本連続で3ポイントシュートを沈めて、ついに2点差にまで追い上げる。しかし、またもそこからレッドウェーブの得点が伸びていかない。その間にデンソーにインサイドを攻められ、失点を繰り返す。タイムアウトも功を奏さず、最後まで流れを取り戻せないまま【45ー55】で第3Qを終える。

第4クォーター

第19回Wリーグ vsデンソー 第1戦
第19回Wリーグ vsデンソー 第1戦

早い段階で流れを変えたいレッドウェーブはゾーンディフェンスからスタートし、デンソーの攻撃を狂わせる。得点では#16栗林のジャンプシュート、#10町田のドライブに#11篠崎が合わせて逆転の流れを作る。しかしデンソー#13伊集に返されるなど、なかなか追いつくことができない。それでも#16栗林のフリースロー、#11篠崎のドライブが決まると、デンソーがタイムアウトを取る。勢いに乗るレッドウェーブは#12篠原のフリースロー、#16栗林の1対で6点差にまで詰め寄るが、そこからまた連続失点。タイムアウトを取って悪い流れを断ち切りたいところだったが、要所でデンソーにリバウンドを支配され、レッドウェーブらしいバスケットを展開することができない。最後まで戦う姿勢を崩さないレッドウェーブだったが、【62ー76】で敗れて、6敗目を喫した。