このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第19回Wリーグ >
  5. vsアイシンAW 第2戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

第19回Wリーグ

第19回WリーグvsアイシンAW 第2戦

  • 試合日:2017年12月10日(日)
  • 会  場:旭川市総合体育館(北海道旭川市)

第1クォーター

第19回Wリーグ vsアイシンAW 第2戦
第19回Wリーグ vsアイシンAW 第2戦

前日勝ちはしたものの、内容がもうひとつだったレッドウェーブにとって修正の第2戦。スタメンは#10町田、#11篠崎、#12篠原、#15山本、#16栗林。先制されたものの、序盤から激しいディフェンスを見せるレッドウェーブ。そこからリズムを作り、#15山本が3ポイントシュート、ドライブを連続で決める。さらに#16栗林が高さを生かしたリバウンドシュート、#11篠崎とのコンビプレーを連発する。リードを広げたあともディフェンスの激しさを失わず、アイシンAWを単発な攻撃に抑え込む。終盤には#15山本が連続3ポイントシュートを沈めて、このQだけで11得点。最後は#15山本のパスを受けた#11篠崎が3ポイントシュートを決めて【24ー6】で第1Qを終える。

第2クォーター

第19回Wリーグ vsアイシンAW 第2戦
第19回Wリーグ vsアイシンAW 第2戦

第1Qの勢いそのままに序盤は#10町田のフリースロー、#9村山、#11篠崎の連続3ポイントシュートでリードを広げていく。しかしアイシンAWのタイムアウト明けから流れが少し傾き、3連続失点をしてしまう。その間、約3分、レッドウェーブは無得点。流れを断ち切ったのはレッドウェーブのチームオフェンス。#15山本のパスを#9村山が決め、さらにその#9村山のドライブから#31高田、#15山本とつなぎ、最後は#5曽我部が3ポイントシュートをきっちり沈める。#31高田と#16栗林の連携も決まってリードを拡大。アイシンAWがチームオフェンスを守ろうとしたところで#5曽我部が鋭いドライブを決める。終盤にはアイシンAWに連続失点をしてしまうが【41ー21】で前半を折り返す。

第3クォーター

第19回Wリーグ vsアイシンAW 第2戦
第19回Wリーグ vsアイシンAW 第2戦

序盤こそパスミスを連発してしまうが、厳しいディフェンスでアイシンAWに得点を許さない。すると#15山本のドライブでこのQの得点が動き出し、さらに#10町田から#11篠崎への速攻も決まって、アイシンAWにタイムアウトを取らせる。それでも流れは変わらず、#12篠原のフリースロー、#15山本の3ポイントシュートが決まり、アイシンAWに後半2度目のタイムアウトを取らせる。そこから約4分半は、#10町田のジャンプシュートが決まった以外、よい攻撃ができず、我慢の展開となる。それでも#11篠崎が相手のボールを奪い、自ら速攻を決めると、終盤には#25内尾がドライブから技ありのステップでシュートを決めて【56ー31】で第3Qを終える。

第4クォーター

第19回Wリーグ vsアイシンAW 第2戦
第19回Wリーグ vsアイシンAW 第2戦

最終Q、若手中心の布陣で臨んだレッドウェーブだったが、勢いは衰えない。#25内尾がフリースローのミスを自らリバウンドシュートで取り返す3点プレー。さらに#5曽我部、#31高田の連続3ポイントシュートが決まる。ディフェンスではアイシンAWのビッグマンをうまく抑えることができずに失点を重ねるが、それを凌駕するオフェンスで相手の戦意を奪っていく。#5曽我部のアシストを#9村山が決め、さらに#16栗林はリバウンドシュートでチームを後押しする。#9村山のリバウンドシュート後、2分強得点が止まり、小滝ヘッドコーチが修正のタイムアウトを取ると、終盤には#3梶原が3ポイントシュートを決め、#25内尾も負けずに3ポイントシュートで応えて【77ー46】でアイシンAWを下し、年内最後のゲームを勝利で飾った。