このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第19回Wリーグ >
  5. vsトヨタ自動車 第1戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

第19回Wリーグ

第19回Wリーグvsトヨタ自動車 第1戦

  • 試合日:2017年10月28日(土)
  • 会  場:ならでんアリーナ(奈良市中央体育館/奈良県奈良市)

第1クォーター

第19回Wリーグ vsトヨタ自動車 第1戦
第19回Wリーグ vsトヨタ自動車 第1戦

連敗を2で止めるべくトヨタ自動車アンテロープス戦に臨むレッドウェーブのスタメンは#10町田、#11篠崎、#12篠原、#15山本、#16栗林。序盤は#11篠崎の速攻、#16栗林のポストプレーが決まって、レッドウェーブが幸先のよいスタートを切る。さらに#15山本が3ポイントシュートで続いて、リードを広げる。しかしそこからトヨタ自動車の猛反撃を受け止められず、逆転を許してしまう。攻めてもトヨタ自動車のディフェンスを破れず、ゴール下のシュートをミスしたり、3ポイントシュートを決めきれずにリードを広げられていく。最後は#15山本が意地のドライブで何とか得点を2ケタに乗せたものの、【10ー23】で第1Qを終える。

第2クォーター

第19回Wリーグ vsトヨタ自動車 第1戦
第19回Wリーグ vsトヨタ自動車 第1戦

いきなり13点のビハインドを背負ったレッドウェーブだったが、1つひとつ返していくしかない。序盤こそトヨタ自動車のインサイドに失点を重ねたが、#15山本が3ポイントシュートを沈めると、#8佐藤もジャンプシュートで続く。ディフェンスも機能し始め、トヨタ自動車にリズムを掴ませない。我慢の展開のなか、#15山本がドライブからシュートをねじ込み、さらに#12篠原のゴール下も決まって、流れは徐々にレッドウェーブへと傾いてくる。さらに#31高田が相手のドライブをブロックショットで止めると、#25内尾のルーズボールから#10町田がつなぎ最後は#12篠原が決めて【21ー32】で前半を折り返す。

第3クォーター

第19回Wリーグ vsトヨタ自動車 第1戦
第19回Wリーグ vsトヨタ自動車 第1戦

11点差を追いかけるレッドウェーブは#11篠崎の3ポイントシュートで反撃の狼煙を上げる。#12篠原がフリースローでつなぐと、#15山本の3ポイントシュートで一気に3点差にまで詰め寄る。トヨタ自動車がタイムアウトで流れを断ち切ろうとするが、そのタイムアウト明け、#10町田のスティールから#11篠崎が速攻を決めて1点差。さらに#10町田のアシストから#12篠原が速攻を決めて、逆転に成功する。その後一旦は再逆転を許すが、流れは完全にレッドウェーブ。#11篠崎がドライブで再々逆転すると、#11篠崎の3ポイントシュート、#16栗林のポストプレーでトヨタ自動車を突き放しにかかる。ディフェンスもこのQのトヨタ自動車の得点を4点に抑え込む厳しさを見せ、終盤には#9村山の3ポイントシュートも決まって【45ー36】で第3Qを終える。

第4クォーター

第19回Wリーグ vsトヨタ自動車 第1戦
第19回Wリーグ vsトヨタ自動車 第1戦

勢いに乗るレッドウェーブは#11篠崎の3ポイントシュートで最終Qの幕をあけると、#31高田のスティールから#11篠崎の速攻に結び付けて、リードを拡大。しかしここからトヨタ自動車の猛攻を受け、一時は5点差にまで縮められてしまう。嫌なムードが立ち込めるが、それを打ち破ったのは“旭川の幼なじみコンビ”。厳しいディフェンスでトヨタ自動車のボールを奪うと、#10町田のノールックパスを#31高田が確実にゴールに沈めて、再び流れを取り戻す。さらに#12篠原がオフェンスリバウンドからシュートをねじ込み、さらに#10町田がスティールからの速攻を2つ決めて、再びリードを2ケタにする。トヨタ自動車も最後の猛攻を仕掛けてくるが、集中力を切らさなかったレッドウェーブが【64ー54】でトヨタ自動車に逆転勝利をあげた。