このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第19回Wリーグ >
  5. vs東京羽田 第1戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

第19回Wリーグ

第19回Wリーグvs東京羽田 第1戦

  • 試合日:2017年10月13日(金)
  • 会  場:港区スポーツセンター(東京都港区)

第1クォーター

第19回Wリーグ vs東京羽田 第1戦
第19回Wリーグ vs東京羽田 第1戦

開幕2週目となる東京羽田ヴィッキーズ戦に臨むレッドウェーブのスタメンは#10町田、#11篠崎、#12篠原、#15山本、#16栗林。序盤、#15山本のアシストを#10町田が合わせてレッドウェーブが先制するが、その後、ミスなどが続き、得点が伸びていかない。重たい展開が続くなか、ルーキーの#16栗林のゴール下や、#15山本の3ポイントシュート、#16栗林のスクリーンを利用した#11篠崎のジャンプシュートが立て続けに決まって、東京羽田を突き放していく。しかしフリースローを3本連続でミスするなど、もうひとつ波に乗り切れない。最後は#11篠崎がドライブを決めて【17ー8】で第1Qを終える。

第2クォーター

第19回Wリーグ vs東京羽田 第1戦
第19回Wリーグ vs東京羽田 第1戦

第2Qに入っても我慢の展開が続く。東京羽田に連続失点すると、開始約4分のところでようやく#31高田が3ポイントシュートを沈めて、このQの得点が動き始める。さらに#12篠原が左手のシュートを決めるが、そこから次の得点シーンまで約2分間、得点が止まってしまい、やはり自分たちのペースを作れない。なんとかディフェンスで粘りを見せて最少失点に抑えると、#11篠崎のフリースロー、#15山本の1対1で得点をつないでいく。終盤は#12篠原がフリースロー、バスケットカウント、フリースローと連続得点を重ねて【32ー22】で前半を折り返す。

第3クォーター

第19回Wリーグ vs東京羽田 第1戦
第19回Wリーグ vs東京羽田 第1戦

ハーフタイムに修正を図ったレッドウェーブは、好調の#12篠原のジャンプシュートや、#16栗林の速攻、さらに#11篠崎の3ポイントシュートも決まって、得点のペースをつかみ始める。しかし東京羽田のスクリーンを使ったオフェンスをうまく止め切れず、お互いが得点を重ねる展開となる。中盤、レッドウェーブは#25内尾を投入。するとその#25内尾がいきなりジャンプシュートを沈めて、チームに勢いを与える。さらに#16栗林のパワープレーや#15山本の速攻で得点差を18まで広げる。東京羽田に3ポイントシュートなどを決められるが、レッドウェーブも#25内尾のジャンプシュート、#9村山のバスケットカウントで返して【58ー40】で第3Qを終える。

第4クォーター

第19回Wリーグ vs東京羽田 第1戦
第19回Wリーグ vs東京羽田 第1戦

最終Qは#16栗林のリバウンドシュートでスタート。さらに#16栗林がジャンプシュートで連続得点すると、#11篠崎は緩急を使ったドライブで相手ディフェンスを抜き去りゴール。タイムアウトで流れを変えようとする東京羽田に対して、レッドウェーブは#11篠崎と#31高田の速攻や、#12篠原から#9村山へのコンビネーションプレー決まって、東京羽田に反撃の糸口をつかませない。終盤、#9村山のシュートをアシストした#14橋詰が、次のオフェンスではジャンプシュートを決めるなど存在感を示す。さらに#8佐藤もジャンプシュートを沈め、最後は#30中島ら若手がコートに立って【76ー51】。東京羽田を破って、開幕3連勝を果たした。