このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第18回Wリーグ >
  5. vsデンソー 第3戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

第18回Wリーグ

第18回Wリーグvsデンソー 第3戦

  • 試合日:2017年1月22日(日)
  • 会  場:静岡県武道館(静岡県藤枝市)

第1クォーター

第18回Wリーグ vsデンソー 第3戦
第18回Wリーグ vsデンソー 第3戦

2次ラウンドの初戦を延長戦の末に勝利したレッドウェーブの第2戦(対デンソー)のスタメンは#0長岡、#10町田、#11篠崎、#12篠原、#15山本。序盤から#0長岡が1対1、3Pとリズムよく得点を重ねる。デンソー#12赤穂にゴール下で失点する場面もあったが、レッドウェーブは#10町田の速攻、#15山本のシュートなどで少しずつリードを広げていく。終盤には#15山本のフリースローから始まり、#5曽我部のジャンプシュート、#10町田の速攻、そして#0長岡の1対1が連続して決まり、【24-16】で第1Qを終える。

第2クォーター

第18回Wリーグ vsデンソー 第3戦
第18回Wリーグ vsデンソー 第3戦

第1Qの調子をそのままに序盤は#0長岡の1対1、#10町田のドライブが決まって、レッドウェーブがリードを広げていく。しかしここでデンソー#12赤穂、#13伊集に連続失点をし、嫌なムードが漂い始める。すると、ディフェンスこそなんとか粘って失点を防いでいたが、チームオフェンスがうまく機能しなくなり、残り5分41秒に#15山本が1対1でシュートを決めてから、前半が終わるまで得点が止まってしまう。その間にデンソー#13伊集、#3園田に6失点し、前半を【30-28】で折り返す。

第3クォーター

第18回Wリーグ vsデンソー 第3戦
第18回Wリーグ vsデンソー 第3戦

後半に入ってもミスを連発するなど、リズムを取り戻せないレッドウェーブは、デンソー#8高田(真)に3連続失点し、ついに逆転を許してしまう。そしてデンソー#12赤穂のシュートが決まったところで小滝ヘッドコーチがたまらずタイムアウト。それが功を奏し、タイムアウト明けには#15山本がゴール下のシュート、バスケットカウントを連続で決めて1点差とすると、#1三谷が3Pを沈めて再逆転。デンソーのタイムアウト明けにはゾーンディフェンスを敷くなど、相手にリズムを狂わそうとするが、デンソー#8高田(真)にバスケットカウントを決められるなど苦しい時間帯は続く。それでも最後は#8佐藤が3Pを沈めて【41-43】で第3Qを終える。

第4クォーター

第18回Wリーグ vsデンソー 第3戦
第18回Wリーグ vsデンソー 第3戦

開始早々、#1三谷のアシストで#15山本がシュートを決めて同点にすると、さらに#15山本がステップインで抜け出す。しかしデンソーに追いつかれると、#8高田(真)に3Pを、さらにミスから#31高田(汐)に速攻を決められ、【45-50】となったところで後半2度目のタイムアウトを取る。そこからお互いが決定打を欠いたが、先に得点を動かしたのはレッドウェーブ。#10町田のパスを受けた#5曽我部が3Pを沈めて2点差。デンソー#8高田(真)に返されるが、#10町田のフリースローで再び2点差にすると、#15山本がドライブからゴール下の#12篠原に絶妙のアシストを送り、残り38秒で同点に追いつく。その後、両チームともにタイムアウトを使って決勝点を目指すが決めきれず、【52-52】でレッドウェーブにとっては連日の延長戦へと突入する。

OT1

第18回Wリーグ vsデンソー 第3戦
第18回Wリーグ vsデンソー 第3戦

開始早々にデンソー#31高田(汐)に3Pを決められるが、#12篠原のフリースローですぐに1点差とする。その後はお互いが決めきれず、膠着状態となるが、そこで奮闘したのが#0長岡。オフェンスリバウンドから執念のゴールをねじ込み、さらにそれが相手のファウルを誘い、フリースローも決めて逆転に成功。さらにデンソーのファウルに対し、いくつかのミスはあったもののフリースローで得点を地道につなぐ。終盤をデンソー#8高田(真)のドライブによる失点だけに抑えたレッドウェーブが【63-57】でデンソーを振り切り、2次ラウンド2連勝を飾った。