このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第18回Wリーグ >
  5. vsデンソー 第2戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

第18回Wリーグ

第18回Wリーグvsデンソー 第2戦

  • 試合日:2016年12月11日(日)
  • 会  場:旭川市総合体育館(北海道旭川市)

第1クォーター

第18回Wリーグ vsデンソー 第2戦
第18回Wリーグ vsデンソー 第2戦

前日に快勝した波に乗って、連勝したいレッドウェーブのスタメンは#0長岡、#10町田、#11篠崎、#12篠原、#15山本。#12篠原のジャンプシュートでレッドウェーブが先制するが、デンソーもすぐに#8高田が返してくる。激しい攻防戦になるかと思われたが、レッドウェーブが3P攻勢で抜け出す。セカンドチャンスから#0長岡が、速攻で#11篠崎が立て続けに3Pを決める。さらに#10町田が広がるディフェンスの間を縫ってドライブを決める。デンソー#21加藤に3Pを決められるが、レッドウェーブの勢いは止まらず、#10町田の3P、#11篠崎の連続ゴールでデンソーを突き放す。終盤にも#1三谷の3P、#10町田がこのQだけで3本目の3Pを沈めて【29-16】で第1Qを終える。

第2クォーター

第18回Wリーグ vsデンソー 第2戦
第18回Wリーグ vsデンソー 第2戦

序盤こそデンソー#31高田、#21加藤に連続失点するが、レッドウェーブは#10町田のジャンプシュートをかわきりに、#0長岡が#11篠崎の走り込みに対する絶妙のアシスト、さらに#12篠原のジャンプシュートなどでリードを保っていく。デンソー#8高田にゴール近辺での強さを見せられ、フリースローで得点をつなげられるが、レッドウェーブは#11篠崎、#10町田の連続3P、#12篠原のフックシュート、#0長岡の速攻が効果的に決まって、相手に反撃に隙を与えない。ディフェンスでもデンソーにターンオーバーを誘発させるなど、勢いを保ったレッドウェーブが【47-33】でリードして、前半を折り返す。

第3クォーター

第18回Wリーグ vsデンソー 第2戦
第18回Wリーグ vsデンソー 第2戦

後半に入るとデンソー#12赤穂にゴール下を決められるなど、ゲームの流れが少し動き出す。しかしレッドウェーブは好調の#10町田がドライブでその流れを断ち切ると、#12篠原のフリースローを挟んで、またしても#10町田がジャンプシュートを決める。中盤、デンソー#31高田のバスケットかウントで10点差にまで詰め寄られたが、ここでは#15山本がフリースローでその流れを断ち切り、さらに#11篠崎が速攻で続いて、デンソーにタイムアウトを取らせる。その後はデンソー#8高田にドライブを決められれば、レッドウェーブは#15山本のパスを#1三谷が落ち着いて決め返し、#12赤穂のバスケットカウントにも慌てず、#10町田がジャンプシュートを決めて【60-47】で第3Qを終える。

第4クォーター

第18回Wリーグ vsデンソー 第2戦
第18回Wリーグ vsデンソー 第2戦

最終Qもデンソーが先に得点を動かすが、その前に立ちはだかったのは#15山本。ドライブを決めた次のオフェンスでもドライブを仕掛け、デンソー#8高田のブロックを空中でかわすダブルクラッチで連続得点。デンソーはタイムアウトを取って流れを変えようとするが、レッドウェーブのディフェンスがそれをさせない。デンソー#8高田、#12赤穂らに失点する場面もあったが、レッドウェーブは#0長岡のゴール下、#15山本の2連続ドライブでさらに加点していく。終盤、デンソー#21加藤、#31高田に3Pを決められるが、それを単発に抑え込んだレッドウェーブは、#11篠崎の速攻、#12篠原の速攻からのバスケットカウントで試合を決定づけ、【77-65】で旭川シリーズを連勝で終えた。