このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第18回Wリーグ >
  5. vsトヨタ自動車 第1戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

第18回Wリーグ

第18回Wリーグvsトヨタ自動車 第1戦

  • 試合日:2016年12月3日(土)
  • 会  場:ウイング・ハット春日部(埼玉県春日部市)

第1クォーター

第18回Wリーグ vsトヨタ自動車 第1戦
第18回Wリーグ vsトヨタ自動車 第1戦

全勝でリーグ首位を走るトヨタ自動車アンテロープスと対戦したレッドウェーブのスタメンは#1三谷、#10町田、#11篠崎、#12篠原、#15山本。両チームに張り詰めた重たい空気を破ったのは#15山本。ドライブでレッドウェーブが先制するが、トヨタ自動車#1大神、#20近藤に連続で3Pを沈められる。しかし、逆転されても簡単に引き下がらないのがレッドウェーブの強さ。#11篠崎の連続ゴールで同点に追いつくと、#12篠原の速攻ですぐさま逆転に成功する。トヨタ自動車はタイムアウトで流れを変えようとするが、レッドウェーブはディフェンスを強めて、トヨタ自動車に流れを作らせない。その間に#12篠原のワンマン速攻、途中出場ながら#0長岡が3Pやポストプレーなど3連続得点をあげて、第1Qを【20-8】で終える。

第2クォーター

第18回Wリーグ vsトヨタ自動車 第1戦
第18回Wリーグ vsトヨタ自動車 第1戦

第2Qに入ってもレッドウェーブのディフェンスが冴え渡り、トヨタ自動車の得点を単発に抑え込んでいく。攻めては#0長岡が2本目の3Pを沈めると、ダブルチームで奪ったボールを#10町田が速攻でレイアップシュートを決めてリードを拡大。中盤にはトヨタ自動車#1大神、#12矢野の経験豊富な選手が返してくるが、ディフェンスが機能しているレッドウェーブはトヨタ自動車の流れを最小限に留める。逆に相手のターンオーバーを誘う厳しいディフェンスから、#15山本のドライブや、#10町田の速攻を含む3連続得点で【37-17】とし、前半を20点リードで折り返す。

第3クォーター

第18回Wリーグ vsトヨタ自動車 第1戦
第18回Wリーグ vsトヨタ自動車 第1戦

第3Qはトヨタ自動車#17出水田の得点で始まるが、レッドウェーブも#15山本からのパスを受けた#10町田のシュート、#12篠原のフックシュートで序盤のリズムを渡さない。さらに#8佐藤が前を走る#0長岡に絶妙のアシストを出した速攻や、同じく速攻でランニングシール(走り込みながら、ディフェンスの前でポジションを取るプレー)した#12篠原がバスケットカウントを決めて、【46-23】のダブルスコアにまでリードを広げる。その後も手を緩めないレッドウェーブは#0長岡の3P、ディフェンスの動きをよく見た1対1、#9村山のシュートなどでリードをさらに広げ、【53-26】で第3Qを終える。

第4クォーター

第18回Wリーグ vsトヨタ自動車 第1戦
第18回Wリーグ vsトヨタ自動車 第1戦

反撃に出たいトヨタ自動車は#7水島が外角からシュートを決めてくるが、レッドウェーブは受け身にならず、逆にゴールへアタックすることで相手のファウルを誘い、フリースローを得点に結びけていく。途中トヨタ自動車#1大神に連続失点をしたものの、慌てることなく、しっかり、じっくりとフリースローで得点。ディフェンスの強度は落とさず、リバウンドも支配してゲーム終盤へ。最終盤こそトヨタ自動車に連続失点をする反省点が出てしまったが、序盤のリードをしっかりと守りきったレッドウェーブが【61-45】でトヨタ自動車を下した。