このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第18回Wリーグ >
  5. vs山梨 第2戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

第18回Wリーグ

第18回Wリーグvs山梨 第2戦

  • 試合日:2016年11月20日(日)
  • 会  場:成田市中台体育館(千葉県成田市)

第1クォーター

第18回Wリーグ vs山梨 第2戦
第18回Wリーグ vs山梨 第2戦

前日の快勝を受け、さらに勢いに乗りたいレッドウェーブのスタメンは#1三谷、#10町田、#11篠崎、#12篠原、#15山本。今日も序盤からレッドウェーブのペース。#12篠原のジャンプシュートで先制すると、#11篠崎の連続ドライブと、速攻でいきなり【8-0】とする。しかしここから山梨が粘りを見せ、#50外山のシュート、#23横井の3Pなどを決められる。その間、レッドウェーブも#12篠原のターンシュート、#10町田のバスケットカウントなどが決まるが、突き放すまでには至らない。それでもルーズボールを拾った#15山本が、#10町田を経由して再びボールを受けると3Pを沈めて、第1Qを【17-12】で終える。

第2クォーター

第18回Wリーグ vs山梨 第2戦
第18回Wリーグ vs山梨 第2戦

第2Qも序盤からレッドウェーブがラッシュをかける。#12篠原のバスケットカウントを間に挟んで、#1三谷が3Pを2本沈め、山梨にタイムアウトを取らせる。直後こそ山梨#3藤井に3本のフリースローを決められるが、レッドウェーブは#5曽我部が3Pで返す。その後、山梨のディフェンスを攻めあぐね、山梨#50外山、#47エンらに連続失点する時間帯もあったが、小滝ヘッドコーチが冷静にタイムアウトでその嫌な流れを断ち切る。すると#11篠崎、#5曽我部の連続3Pが決まって、山梨に2度目のタイムアウトを取らせる。その後も流れを奪われず、むしろ#11篠崎、#8佐藤、#5曽我部の3連続の速攻で勢いを加速させたレッドウェーブが【45-24】で前半を折り返す。

第3クォーター

第18回Wリーグ vs山梨 第2戦
第18回Wリーグ vs山梨 第2戦

後半に入ってもレッドウェーブのペースは続く。#12篠原の連続ポイントに、#15山本が3Pで続くと、山梨#23横井のシュートの直後には#10町田のロングパスを受けた#12篠原がシュートを決めて、リードを拡大。さらに#9村山が3Pを決めて、点差は30点を超える。中盤は#10町田、#11篠崎、#10町田と3連続で速攻からのストップジャンプシュートが決まり、ディフェンスでも山梨の得点を単発に抑えて、ゲームの趨勢をほぼ決めてしまう。それでも手を緩めないレッドウェーブは#14橋詰のパワフルなポストプレー、#9村山のオフェンスリバウンドから#25内尾がシュートを決めて、第3Qを【72-36】で終える。

第4クォーター

第18回Wリーグ vs山梨 第2戦
第18回Wリーグ vs山梨 第2戦

スタメンをベンチに下げ、若手中心でスタートさせた第4Qも、流れはレッドウェーブのまま。#9村山のゴール下から始まり、#5曽我部のフリースロー、#25内尾は相手のボールをスティールすると、そのまま一人で持ち込んでシュートを決める。さらに#14橋詰のバスケットカウントで、リードは44点に。山梨も#3藤井を中心に攻めるが、レッドウェーブの固いディフェンスを崩すことはできない。逆にレッドウェーブは若手が奮起し、#25内尾の3P、#32永井のジャンプシュートが立て続けに決まる。さらに#21小沼が3Pを決めると、#9村山のバスケットカウント、#25内尾が2本目の3Pを沈めて勝負あり。【95-46】でレッドウェーブが前日に続いて、山梨を圧倒した。