このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第18回Wリーグ >
  5. vs山梨 第1戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

第18回Wリーグ

第18回Wリーグvs山梨 第1戦

  • 試合日:2016年11月19日(土)
  • 会  場:成田市中台体育館(千葉県成田市)

第1クォーター

第18回Wリーグ vs山梨 第1戦
第18回Wリーグ vs山梨 第1戦

徐々に今シーズンのバスケットを出し始めているレッドウェーブのスタメンは#1三谷、#10町田、#11篠崎、#12篠原、#15山本。序盤からレッドウェーブが山梨ゴールに襲い掛かる。#11篠崎が先制点をあげると、#15山本がドライブで続く。さらに#1三谷から#12篠原へのハイロープレーが決まると、#10町田から#11篠崎の速攻も決まって、山梨にタイムアウトを取らせる。しかし流れは変わらず、#11篠崎の速攻や、2本連続の3Pなどでリードを拡大すると、オフェンスリバウンドから#15山本のシュート、最後は#14橋詰が出したパスを#11篠崎が、このQだけで4本目の3Pで沈めて【27-9】で第1Qを終える。

第2クォーター

第18回Wリーグ vs山梨 第1戦
第18回Wリーグ vs山梨 第1戦

勢いが止まらないレッドウェーブはは#14橋詰の3連続得点でスタート。さらに#14橋詰はフリースローを挟んで、スティールから#5曽我部の速攻を演出。その後もゴール下、ドライブと多彩な攻めを見せ、山梨が2度目のタイムアウトを取るまでの約6分間の全得点に絡む。そのタイムアウトが明けると、今度は#11篠崎の時間となる。3Pから始まり、ジャンプシュート、#5曽我部の3Pを引き出すアシスト、ストップジャンプシュートでリードを31点差にまで広げる。最後は#5曽我部が3Pを沈め、このQは#14橋詰、#11篠崎、#5曽我部の3人だけで全27得点を決め、【54-23】で前半を折り返す。

第3クォーター

第18回Wリーグ vs山梨 第1戦
第18回Wリーグ vs山梨 第1戦

第3Qは一転、少し重たい入り方となる。それでも#9村山が#12篠原のパスを受けてゴール下を決めると、#15山本がドライブで続く。ここから山梨#3藤井、#23横井、#47エンが決め返してくるが、レッドウェーブも#12篠原のゴール下、#11篠崎の3P、#10町田の速攻などで流れを保っていく。中盤、山梨にオフェンスリバウンドを取られるシーンが続いたものの、失点までは至らない。逆に#15山本のバスケットカウントや、#8佐藤から#14橋詰につないで、最後は#1三谷が沈める連携プレーで得点を重ねていく。終盤、山梨#50外山のリバウンドシュートや#23横井の速攻などを決められるが、点差を縮められることなく、【74-43】で第3Qを終える。

第4クォーター

第18回Wリーグ vs山梨 第1戦
第18回Wリーグ vs山梨 第1戦

最終Qは#8佐藤のスティールから速攻で始まるが、そこからリバウンドを制され、なかなか得点が伸びない。しかしディフェンスを締めて、失点も山梨#47エンのシュートのみに留める。小滝ヘッドコーチがタイムアウトで嫌な流れを断ち切ると、#32永井、#25内尾が連続ドライブで再び流れを生み出す。山梨もタイムアウトを取って、流れを変えようとするが、#30中島が公式戦初得点となるターンシュートを決めると、ディフェンスでもその高さを生かして、リバウンドを獲得。さらに#32永井のアシストから#14橋詰がバスケットカウントを決めると、#25内尾のフリースロー、#32永井の速攻が決まって、【90-55】で山梨を圧倒した。