このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第18回Wリーグ >
  5. vsトヨタ紡織 第1戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

第18回Wリーグ

第18回Wリーグvsトヨタ紡織 第1戦

  • 試合日:2016年11月12日(土)
  • 会  場:中津総合体育館(大分県中津市)

第1クォーター

第18回Wリーグ vsトヨタ紡織 第1戦
第18回Wリーグ vsトヨタ紡織 第1戦

今週の大分シリーズで連勝を伸ばしたいレッドウェーブのスタメンは#1三谷、#10町田、#11篠崎、#12篠原、#15山本。序盤はトヨタ紡織に思い切りのよいシュートを決められ、劣勢に立たされる。トヨタ紡織#19池田の連続3P、#11川原の3Pなどで【6-15】とされたところで、小滝ヘッドコーチがタイムアウトを請求。その後、#10町田が#1三谷のスクリーンを利用して3Pを沈めたものの、トヨタ紡織の厳しいディフェンスを崩しきれずに我慢を強いられる時間が続く。最後は速攻から#10町田のパスを#5曽我部が3Pで沈め、第1Qを【12-17】で終える。

第2クォーター

第18回Wリーグ vsトヨタ紡織 第1戦
第18回Wリーグ vsトヨタ紡織 第1戦

第2Qは#11篠崎のリバウンドシュートで先制。#5曽我部もドライブで続くが、序盤はトヨタ紡織に第1Qの勢いを保たれてしまう。#11川原の3P、バックドアプレー、#14本多へのアシストでリードを広げられる。対するレッドウェーブは#5曽我部の3P、#15山本のフリースローでじりじりと追い上げ、徐々に流れを引き寄せる。さらに#15山本が強引なドリブル突破からフリースローを決めると、#10町田のストップジャンプシュート、#11篠崎の3Pで1点差にまで詰め寄る。勢いに乗ったレッドウェーブは#12篠原がフリースローを2本とも沈めて逆転。【30-29】で前半を折り返す。

第3クォーター

第18回Wリーグ vsトヨタ紡織 第1戦
第18回Wリーグ vsトヨタ紡織 第1戦

第3Qは両チームによる得点の取り合いから始まる。レッドウェーブが#15山本のジャンプシュートと3P、#11篠崎のストップジャンプシュートでリードを広げると、トヨタ紡織は#13畠中、#33長部の連続バスケットカウントで追い上げてくる。トヨタ紡織#13畠中のシュートで逆転を許すと、レッドウェーブは#5曽我部の3Pで応戦。トヨタ紡織#14本多のバスケットカウントには、#10町田のバスケットカウントで返す。そんなシーソーゲームから抜け出たのはレッドウェーブ。#15山本のターンシュートをきっかけに、#10町田がドライブ、3P、速攻と3連続得点。トヨタ紡織のタイムアウト明けには#11篠崎の速攻、#12篠原のポストプレーで突き放し、最後は#10町田のドライブが決まって【59-53】で第3Qを終える。

第4クォーター

第18回Wリーグ vsトヨタ紡織 第1戦
第18回Wリーグ vsトヨタ紡織 第1戦

10分間で【29-24】とハイスコアの展開だった第3Qから一転、第4Qはロースコアの展開になる。それでも主導権はレッドウェーブが握る。#15山本の3Pから始まり、#11篠崎のドライブ&フローターシュート、#10町田のストップジャンプシュートでリードを11点と拡大する。トヨタ紡織#33長部にバスケットカウントを決められるが、#5曽我部のパスを#15山本が3Pで決め返し、さらに#10町田、#11篠崎、#5曽我部へとパスでつなぐ速攻で加点。終盤、トヨタ紡織#15山中、#14本多、#19池田に決められるが、レッドウェーブも#10町田がこの日21点目となるジャンプシュートを沈めて、ゲームを締めくくる。最終スコア【73-65】でトヨタ紡織を振り切り、連勝を「9」に伸ばした。