このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第18回Wリーグ >
  5. vsアイシンAW 第1戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

第18回Wリーグ

第18回WリーグvsアイシンAW 第1戦

  • 試合日:2016年11月4日(金)
  • 会  場:とどろきアリーナ(神奈川県川崎市)

第1クォーター

第18回Wリーグ vsアイシンAW 第1戦
第18回Wリーグ vsアイシンAW 第1戦

とどろきアリーナにアイシンAWを迎え、今シーズン初のホームタウンゲームに臨むレッドウェーブのスタメンは#10町田、#11篠崎、#12篠原、#13加藤、#15山本。先制はアイシンAW。しかしレッドウェーブも#15山本から#11篠崎への合わせ、#1三谷のスティールから#11篠崎が速攻を決めるなど、徐々にペースをつかみ始める。さらに#11篠崎の3P、#1三谷の速攻で得点すると、流れは完全にレッドウェーブに傾く。アイシンAWが流れを断ち切ろうとタイムアウトを取るが、その後も#1三谷の連続3P、リバウンドシュートなどで加点。さらに#8佐藤のシュートや、#10町田から#1三谷への速攻が決まって、第1Qを【23-15】で終える。

第2クォーター

第18回Wリーグ vsアイシンAW 第1戦
第18回Wリーグ vsアイシンAW 第1戦

第2Qに入っても好調な三谷の勢いが止まらない。このQの初得点を3Pであげると、さらに3P、スクリーンと見せかけてゴールにカットする「スリップ」などで次々に得点し、前半だけで22得点をあげる。その#1三谷が生み出した勢いに#12篠原のフックシュート、#15山本、#10町田、#11篠崎とつなぐ華麗な速攻などで続いて、レッドウェーブがリードを保つ。しかしアイシンAW#1馬瓜のリバウンドシュート、#12白の3連続ゴールなどを許し、突き放すところまでには至らない。最後はアイシンAW#15濱口の3Pなどで点差を縮められ、【42-30】で前半を折り返す。

第3クォーター

第18回Wリーグ vsアイシンAW 第1戦
第18回Wリーグ vsアイシンAW 第1戦

序盤はお互いが得点を入れ合う展開となる。アイシンAWがインサイド陣の強さを発揮して、ゴール下で得点を重ねていくと、レッドウェーブは#11篠崎の連続得点、#15山本のジャンプシュート、#10町田の絶妙は動きに#11篠崎がピンポイントのアシストで応えて、アイシンAWに反撃のきっかけを与えない。そのうちに流れはレッドウェーブへと傾き始める。#15山本がバスケットカウント、ステップイン、3Pとあらゆる形で得点を積み上げていくと、#14橋詰も速攻、リバウンドシュート、ゴール下のシュートで続いて、リードを広げる。第3Qは【65-46】で終える。

第4クォーター

第18回Wリーグ vsアイシンAW 第1戦
第18回Wリーグ vsアイシンAW 第1戦

最終Qは#15山本の3Pでスタート。アイシンAWは#15濱口の3P、#6田中の得点で流れを作ろうとするが、小滝ヘッドコーチがすかさずタイムアウトを取って、その流れを断ち切る。すると流れはレッドウェーブに。#11篠崎のフローターシュート、#8佐藤、#11篠崎の連続3P、#15山本も3Pで続いて試合の大勢を決める。ディフェンスではアイシンAWの攻撃を単発に終わらせるだけ。最後は#9村山が3連続得点でゲームを締めくくって【87-64】。今シーズン初のホームタウンゲームは、ファンの声援に後押しされたレッドウェーブが快勝し、連勝を「7」に伸ばした。