このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第18回Wリーグ >
  5. vs羽田 第2戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

第18回Wリーグ

第18回Wリーグvs羽田 第2戦

  • 試合日:2016年10月23日(日)
  • 会  場:大田区総合体育館(東京都大田区)

第1クォーター

第18回Wリーグ vs羽田 第2戦
第18回Wリーグ vs羽田 第2戦

常に目前の課題に取り組みながら、連勝を狙うレッドウェーブのスタメンは#10町田、#11篠崎、#12篠原、#13加藤、#15山本。先にリズムを掴んだのは羽田。#77柳瀬のシュート、#7秋元のバスケットカウントでいきなり0-5とされる。攻撃のテンポをつかめないレッドウェーブだったが、#11篠崎の3Pが決まると、#12篠原のバスケットカウントや速攻からのポストプレーで、すぐさま逆転する。その流れを嫌った羽田のタイムアウトが明けても、流れは変わらない。#15山本の3P、#11篠崎の3Pが効果的に決まって、第1Qを【18-10】で終える。

第2クォーター

第18回Wリーグ vs羽田 第2戦
第18回Wリーグ vs羽田 第2戦

第2Qも先制したのは羽田。#19瀬崎に3Pを決められるが、レッドウェーブも#1三谷の合わせや、セカンドチャンス(オフェンスリバウンド後の攻撃)から#10町田の3Pが決まって、先にリズムをつかむ。羽田の前半2度目のタイムアウト後には、さらにレッドウェーブの攻撃が加速する。#5曽我部のドライブからのキックアウトパスを受けた#1三谷が3Pを沈めると、#12篠原から#11篠崎へのコンビプレーも決まる。さらに#10町田がスティールからの速攻を決めると、#1三谷、#15山本が立て続けに3Pを沈める。最後は#5曽我部がドライブをねじ込み、前半を【45-23】で折り返す。

第3クォーター

第18回Wリーグ vs羽田 第2戦
第18回Wリーグ vs羽田 第2戦

#11篠崎の3Pで幸先のよいスタートをきるが、そこから一転、羽田の流れになる。#19瀬崎の3P、#24金本のシュートなどで15点差となる。しかしそこでレッドウェーブはディフェンスで粘りを見せ、それ以上の失点を許さない。羽田がタイムアウトで流れを取り戻そうとするが、逆にレッドウェーブが#12篠原の3連続得点と、#10町田から#5曽我部への速攻で一気に25点差とする。終盤、羽田#12本橋、#31高木の3Pを決められるが、レッドウェーブも#10町田のアシストから#1三谷がこの日3本目の3Pを沈めて、【63-41】で第3Qを終える。

第4クォーター

第18回Wリーグ vs羽田 第2戦
第18回Wリーグ vs羽田 第2戦

お互いがシュートを決めきれない重たい序盤を抜け、羽田が#24金本のシュートで先制する。しかしレッドウェーブも#14橋詰のシュートで流れを渡さない。膠着状態のなか#15山本の3Pが決まったところで、羽田がタイムアウト。その後、羽田#7秋元の連続得点や#77柳瀬のシュートを決められるが、レッドウェーブは焦ることなく、この試合1つ目のタイムアウトを使って、ゲームを微調整。#11篠崎、#8佐藤の3Pが決まったところで若手選手を投入したレッドウェーブ。出場可能な全選手がコートに立って、【76-58】で勝利をあげた。