このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第18回Wリーグ >
  5. vs羽田 第1戦 (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

第18回Wリーグ

第18回Wリーグvs羽田 第1戦

  • 試合日:2016年10月22日(土)
  • 会  場:大田区総合体育館(東京都大田区)

第1クォーター

第18回Wリーグ vs羽田 第1戦
第18回Wリーグ vs羽田 第1戦

今シーズンの対戦成績を2勝2敗の五分に戻し、さらに勢いに乗りたいレッドウェーブのスタメンは#10町田、#11篠崎、#12篠原、#13加藤、#15山本。両チームともに重たい立ち上がりのなか、先にリズムを掴んだのはレッドウェーブ。#15山本の速攻で先制すると、#10町田の3P、#12篠原のリバウンドシュートでリードを奪う。さらに#13加藤と#11篠崎のコンビプレー、#15山本の1対1も決まり、羽田にタイムアウトを取らせる。ここから再び全体的な流れが停滞し、その間に羽田#12本橋、#6安江に決められ、少しずつ追い上げられる。それでも#10町田のジャンプシュート、#11篠崎の速攻で第1Qを【15-10】で終える。

第2クォーター

第18回Wリーグ vs羽田 第1戦
第18回Wリーグ vs羽田 第1戦

第2Qに入ってもオフェンスに流れができず、またターンオーバーも重なる苦しい展開が続く。3点差に追い上げられたところで、小滝ヘッドコーチがタイムアウトを請求するが、流れが大きく変わることはない。#10町田の3P、#12篠原のジャンプシュートが決まっても、羽田#12本橋に連続失点し、リードを広げられない。#15山本、#11篠崎が立て続けにバスケットカウントを決め、ともにフリースローも沈めて一気に突き放そうとしても、羽田のセンター#24金本を守り切れず、3連続失点。さらに羽田#9杉中にも速攻を決められ、4点差となる。終盤#15山本の3P、#13加藤のゴール下が決まって、前半は【35-28】で折り返す。

第3クォーター

第18回Wリーグ vs羽田 第1戦
第18回Wリーグ vs羽田 第1戦

後半に入ると、先にリズムを掴んだのは羽田。レッドウェーブが#13加藤のドライブ、#12篠原のリバウンドから#10町田が3Pを沈める間に、#24金本のシュート、#15落合の速攻、#12本橋のシュートなどで、ついに2点差にまで迫られる。苦しい展開でも何とか同点にされずにディフェンスでしのぐと、羽田がタイムアウト。このタイムアウトで流れがレッドウェーブに傾く。#11篠崎が3P2本を含む3連続得点で一気に10点差までリードを広げる。さらに#1三谷のシュート、終盤には#8佐藤の3P、#15山本のドライブも決まって、第3Qを【55-42】で終える。

第4クォーター

第18回Wリーグ vs羽田 第1戦
第18回Wリーグ vs羽田 第1戦

第4Qに入っても全体的な流れは重たいままだが、そのなかで#5曽我部がバスケットカウントと3Pを立て続けに決め、レッドウェーブが先にリズムを掴む。羽田#77柳瀬、#12本橋に連続失点はするものの、そこから約3分半は無得点に抑える。その間に#12加藤のフリースローや、#8佐藤がルーズボールからレイアップシュートを決めるなど、レッドウェーブが徐々に点差を広げていく。最後は#9村山がフリースローを1本決めて【70-51】。思うように得点が伸びない、苦しいゲームだったが、我慢の中でレッドウェーブが3勝目をあげた。