このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第81回皇后杯(2015年) >
  5. 準決勝 vsJX-ENEOS (レポート)
  • チームブログ
  • 公式instagram
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION

第81回皇后杯(2015年)

第81回皇后杯(2015年)準決勝 vsJX-ENEOS

  • 試合日:2015年1月10日(土)
  • 会  場:代々木第一体育館(東京都)

第1クォーター

第81回皇后杯 準決勝 vsJX-ENEOS
第81回皇后杯 準決勝 vsJX-ENEOS

皇后杯準決勝、レッドウェーブは昨年王女JX-ENEOSと対戦。スタメンは#0長岡、#10町田、#11篠崎、#12篠原、#15山本。いきなり、#0長岡のシュートが#10渡嘉敷にブロックされて、激しい幕開けとなったこの試合。#15山本のフリースローで先制すると、JX-ENEOSもすかさず#10渡嘉敷がオフェンスリバウンドからゴール下、#11岡本のスティールからの得点、#12吉田の3Pなどで得点を追加。対するレッドウェーブも#15山本がジャンプシュート、#12篠原がフリースローを決めて、ルーキー#11篠崎が3P。5分を過ぎて【9-9】と両者譲らない展開になる。その後、お互い集中したディフェンスを見せる中、JX-ENEOSが少しずつリードを広げたが、レッドウェーブは最後の攻撃で#0長岡が見事な3Pを沈めて【16-15】と1点ビハインドで1Qを終えた。

第2クォーター

第81回皇后杯 準決勝 vsJX-ENEOS
第81回皇后杯 準決勝 vsJX-ENEOS

2Q、最初の得点は好調な#0長岡の3P。しかし、JX-ENEOSも#10渡嘉敷の2連続得点ですぐに逆転。相手のオールコートプレスに苦戦するレッドウェーブだが、ここからスピードをいかした展開に持ち込み、#15山本のフリースロー、ブレイクから#0長岡のレイアップ、#11篠崎の3Pが決まってリード。#10渡嘉敷にオフェンスリバウンドから得点を許すが、速攻から#15山本のゴール下、そして#1三谷が3Pを成功させる。タイムアウト明け直後、#21間宮に返されるが、ここで再び#1三谷が3P。ムードメーカーの得点で勢いづくと、#15山本、#10町田のフリースローと3P、さらにブレイクから#1三谷が決めて【42-29】と大きなリードを奪った。しかし、JX-ENEOSも残り2分で、#21間宮、#12吉田、#10渡嘉敷が連続得点と勝負強さを発揮。【42-35】とレッドウェーブが7点リードで前半を終えた。

第3クォーター

第81回皇后杯 準決勝 vsJX-ENEOS
第81回皇后杯 準決勝 vsJX-ENEOS

3Q開始後も一進一退の攻防は変わらず。#10渡嘉敷が2ゴールを決めれば、#12篠原のゴール下、#10町田がドライブで得点。ここからJX-ENEOSが、オフェンスリバウンドを制して猛攻を仕掛ける。#11岡本の3Pで口火を切ると、#21間宮、#52宮澤が決め、パスミスから#10渡嘉敷の得点で【46-47】とついに逆転。残り5分、レッドウェーブもオールコートのゾーンディフェンスなどを駆使して、ブレイクから#15山本→#11篠崎とつないで#10町田のゴール下。#15山本のドライブ、#11篠崎のジャンプシュートなどで得点を追加。なんとかリードを奪い返し、【58-55】と3点リードで運命の最終Qを迎えた。

第4クォーター

第81回皇后杯 準決勝 vsJX-ENEOS
第81回皇后杯 準決勝 vsJX-ENEOS

4Q、引き続きゾーンディフェンスで勝負をかけるレッドウェーブは、攻撃をなかなか得点に結びつけられない。一方のJX-ENEOSは#52宮澤、#21間宮が決めて逆転。その後はシーソーゲームが続き、#12篠原が強気の1対1で決めれば、#12吉田が3Pで返し、今度は#15山本がフリースローで2得点と、残り5分で【64-64】の同点。さらに時計は進み、高さのJX-ENEOSは#52宮澤、#21間宮のゴール下で2ゴール、レッドウェーブは#15山本が鬼気迫る1対1で2ゴールと、残り2分で再び同点。ここで、レッドウェーブはタイムアウト明け直後に、#0長岡が3Pを決めて重要なリードを奪う。それでも王者JX-ENEOSは、#12吉田が冷静にジャンプシュートを沈め、#10渡嘉敷がゴール下を決めて残り37秒で逆転。最後は、同点を賭けて体勢不十分で放った#15山本の3Pが落ちてゲームセット。【72-69】の3点差で敗れたレッドウェーブは、昨年に続いて3位で大会を終えた。