このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第86回皇后杯(2019-20) >
  5. 【第86回皇后杯】2次ラウンド vsアイシンAW (コメント)
  • チームブログ
  • 公式instagram
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION

第86回皇后杯(2019-20)

第86回皇后杯(2019-20)【第86回皇后杯】2次ラウンド vsアイシンAW

コメント

BTテーブス

ヘッドコーチ BTテーブス

最近の練習を見る限り、チームはすごく良い状態でした。リーグの中断期間もゲーム感覚を失わないよう練習試合をたくさん重ねてきました。しかし、この結果になってしまいました。今日のゲームプランは積極的なディフェンスをして、相手の攻撃を封じることでした。ですが試合開始直後からディフェンスでプレッシャーをかけることができず、レッドウェーブのバスケットがまったくできませんでした。ハーフコートオフェンスも足の止まる時間が長く、ペイントエリアを崩すことができませんでした。そのうえレイアップシュートが外れ、不用意なターンオーバーも増えて、最後はオフェンスリバウンドも相手に取られすぎてしまいました。なぜこんなことになってしまったのか、私自身がもう一度しっかりチェックしたいと思います。ただ、選手たちには“すぐに切り替える必要はない”と伝えました。なぜなら、ファンの方々も私たちと同じくらい苦しんでいると思うからです。年明けのファイナルラウンドで私たちのプレーを見られないわけですから。選手たちにはその痛みをしっかり感じてもらって、そのあとで来週のデンソーアイリス戦に向けて、改めてチーム一丸となってハードに練習したいと思います。

町田 瑠唯

#10 町田 瑠唯

歴史のあるレッドウェーブで19年ぶりに皇后杯のベスト8に入れないという結果に終わったことは、とにかく申し訳ないという気持ちです。年明けのファイナルラウンドを楽しみにしていた応援してくださるファンの方々に本当に申し訳なく思います。ゲームを振り返ると、全体的に軽い感じでゲームに入っていたような印象があります。これが一発勝負の難しさかなと。ただ何よりも自分たちのやりたいことが40分間、まったくできなかったことが大きな敗因だと思います。しかもその自分たちのバスケットができていないときに、チーム全体を通して声が足りていませんでした。中断前はコート上の5人も、ベンチもよく声が出ていたと思うんですけど、今日はコートもベンチも静かで、ミスしたらそれで終わり、シュートを決めても盛り上がっていかない……それを最後まで切り替えることができませんでした。来週からリーグ戦が再開します。今日のゲームで見えたチーム内の軽い感じ、緩さは間違いなく今の私たちの弱点です。昨年度もそれで負けているので、同じ過ちを繰り返さないよう、この負けを糧にして、チームで戦えるよう、もう一度リスタートを切りたいと思います。

篠原 恵

#12 篠原 恵

心のどこかで「いつかは逆転できるだろう」という甘さが出てしまったのかもしれません。それは第3Qに一度逆転しながら、そこからもうひとつ乗り切れず、決めてもすぐに決め返されるなど、リードを広げられなかったことにも表れています。それが最終的に逆転された要因かなと。これまでならディフェンスからファストブレイクを出すことで一気に流れをつかんでいたと思うのですが、今日はファストブレイクでの得点がかなり少なかったし、ディフェンスも相手にオフェンスリバウンドを取られるなど、全体的に足も止まって、スピードに乗ったレッドウェーブのバスケットができませんでした。私自身を振り返っても、攻めたプレーが数えるくらいしかなかったので、インサイドでのもらい方を改めて考える必要があると思うし、ヘルプが寄ってきたときの状況判断ももっと早くしなければいけないと改めて思いました。先輩たちが築き上げてきた歴史を途絶えさせてしまったことは本当に悔しいです。練習でのちょっとしたミスが今日のような重大な結果を招いたと思うので、この負けを無駄にしないためにも練習からそうした簡単なミスをしないよう突き詰めた練習をして、来週からのリーグ戦に臨みます。

山本 千夏

#15 山本 千夏

出だしから勢いを出すためにもファストブレイクをどんどん出していこうと試合前に話していました。でもその出だしが悪く、そのまま自分たちの持ち味であるディフェンスからファストブレイクという形も出せないまま、試合が終わってしまった印象です。ハーフコートオフェンスでもペイントエリア内にボールが入らなかったので、その分アウトサイドのシュートが苦しい感じになってしまった。私自身はけっしてシュートの感覚も悪くありませんでした。前半もいい形で打てていましたが、後半はドライブも意識するようにして、実際にドライブも行けていたけど、その分、前半よかった3ポイントシュートの感覚が少し鈍ってしまったように思います。長くこのチームに在籍している選手としては、今日の結果には責任を感じます。自分自身も経験したことのない負けだからこそ、「レッドウェーブがこういうところで負けてはいけない」と下の子たちに伝えることも自分の役割だと思うので、気持ちの面でチームを支えていきたいです。皇后杯はこれで終わるので、リーグ戦でファイナルを目指すしかありません。相手に関係なく、まずは一戦一戦、目の前の試合を勝ち切れるようにしたいと思います。