このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第20回Wリーグ >
  5. vs日立ハイテク 第2戦 (コメント)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

第20回Wリーグ

第20回Wリーグvs日立ハイテク 第2戦

コメント

BTテーブス

ヘッドコーチ BTテーブス

今日のゲームがタフな展開になることは試合前からわかっていました。日立ハイテクはプレーオフ進出が掛かっていますし、前日我々に大差で敗れたので、今日はプライドを持って戦ってくると思っていたからです。そのことは選手たちにも伝えていました。そんなタフなゲームを勝ち切ったことは今後につながります。調子を落としていた#16栗林も14得点をあげてくれましたし、#10町田もトリプルダブル(得点、アシスト、リバウンドで2ケタの成績)を達成しました。これらはプレーオフに向けてポジティブな要素です。チームディフェンスはけっして悪くなかったのですが、オフェンスでシュートを決めきれなかったことが、このような展開になった要因です。チャンスも作り出して、そこにパスも送っているのにシュートが決まらない。そこはプレーオフに向けてもう一度上げていきたいところです。
そのプレーオフの初戦は東京羽田ヴィッキーズとの対戦が決まりました。開幕節で敗れていますし、来週の試合で必ずリベンジします。あのときとは違うレッドウェーブを見せたいと思います。レギュラーシーズンはこれで終わりますが、引き続き、プレーオフでもレッドウェーブの応援をよろしくお願いいたします。

栗林 未和

#16 栗林 未和

昨日は決まっていたシュートが今日は思うように決まらず、なかなか流れをつかめませんでした。最終的に勝てたのはリバウンドで負けなかったからだと思います。私自身、ディフェンスとリバウンドを求められてコートに送り出されたのですが、リバウンドで力を発揮できなかったことは反省しなければいけません。ただ得点では先輩方が正確なパスを出してくれたので、それをきっちりと決められてよかったです。
プレーオフはまず東京羽田ヴィッキーズとの対戦になります。今日のようにシュートが入らなくてもディフェンスとリバウンドなど誰もができることでガッツを出せれば、おのずと流れはつかめると思います。ポイントはやはりリバウンドやルーズボールなどの細かいところをどちらが制するかでしょう。個人的にはここまで思うようなプレーがあまり出せていなかったのですが、ここ最近、少しずつ調子が上がってきています。この調子で先輩たちに引っ張ってもらいながら、ゴール下では私がチームを引っ張れるように頑張ります。
レギュラーシーズンの応援、本当にありがとうございました。プレーオフでもみなさんのご期待に応えられるよう頑張りますので、応援をよろしくお願いいたします。