このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第20回Wリーグ >
  5. vs山梨QB 第1戦 (コメント)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

第20回Wリーグ

第20回Wリーグvs山梨QB 第1戦

コメント

BTテーブス

ヘッドコーチ BTテーブス

勝つことができたのはチームとしてプラス材料です。様々なプレスディフェンスを使って、いいリズムでディフェンスを遂行できたことが勝因のひとつでしょう。山梨がセットオフェンスをあまり使えなかったことがその証拠です。またゾーンディフェンスを使うことができたのも今後に向けての収穫です。ゾーンディフェンスではリバウンドをきっちりと取れるのかを心配していましたが、山梨のオフェンスリバウンドを1つに抑えたことは、ボックスアウトができていたからです。ルーズボールやリバウンドではそうしたフィジカルコンタクトがしっかりできていたので、明日以降、プレーオフに入っても継続してほしいところです。オフェンスもボールがよく回り、精度こそあまり高くありませんでしたが、いい形でシュートシーンを作れていました。あとは決めるだけですが、そこは選手たちを信じています。ただし第4Qで若手中心のメンバーになったときにプレーが雑になり、ミスが多く出てしまったことは反省点です。今日のような雑なプレーをしていたら、プレーオフで自分たちの目標を達成することはできません。明日、もう一度切り替えて、内容よく勝ちたいと思います。

村山 翠

#9 村山 翠

今日はスピード感のあるレッドウェーブらしいバスケットができたと思います。それはプレスディフェンスが機能したことと、ルーズボールやリバウンドなどで負けなかったことで、そこから速攻につながり、いいリズムになったのだと思います。これは明日以降も継続していきたいです。しかしミスが多く出てしまったことは明日の第2戦に向けて大きな反省材料です。特に私を含めてメンバーが交代したあと、ディフェンスリバウンドを取ったあとのパスをカットされて失点に結びついていたことや、オフェンスでも3ポイントシュートを打たせてもらえず、ドライブに切り替えたときのキックアウトパスが雑になっていたことは明日すぐに修正しなければいけません。またゴール下などの決めるべきシュートを決めきれなかったことも明日クリアにしていきたいと思います。
個人的にはリバウンドで貢献し、オフェンスでも積極的にシュートを打っていこうと考えていましたが、それをうまく表現することができませんでした。明日もそれらの課題に取り組みながら、ディフェンスではスタメンと同じくらいのプレッシャーを相手にかけて、勝利に貢献したいと思います。