このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第20回Wリーグ >
  5. vsデンソー 第2戦 (コメント)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

第20回Wリーグ

第20回Wリーグvsデンソー 第2戦

コメント

BTテーブス

ヘッドコーチ BTテーブス

選手たちはよく頑張りました。しかし敗因は明白です。今日も相手のセンター陣を抑えることができませんでした。周りの選手たちはよくカバーしてくれましたが、そのための運動量や、カバーを気にしなければいけないメンタルが最後の最後で自分たちのスタミナを奪っていきました。第4Qに得点が伸びなかったのはそのためでしょう。81失点のうち30点を#8高田選手に取られてしまいましたが、それ以外のディフェンスはけっして悪くありませんでした。ただディフェンスの終わり方がよくありません。相手のセンター陣に8本のオフェンスリバウンドを奪われ、それを得点に結びつけられてしまっては、レッドウェーブらしい速い展開に持ち込むことが難しくなります。オフェンスもけっして悪くありませんでしたが、決めるべきシュートを落としてしまうなど、2ポイントシュートとフリースローの確率が上がらなかったことは来週からの課題のひとつです。
来週は山梨クィーンビーズとのゲームになります。簡単に勝てる相手ではありませんが、レギュラーシーズンの残り4試合はすべて勝たなければいけません。いい形でプレーオフに進めるよう、勝ちながらも内容を求めていきたいと思います。

篠崎 澪

#11 篠崎 澪

試合前、みんなでやっていこうと話したゲームプランを徹底することができませんでした。今日は小さな布陣で臨んだために難しくなるのはわかりますが、相手のセンター陣に2人で38得点を取られてしまっては苦しくなります。オフェンスについてはいいところもありましたが、決めるべきシュートを決めきれませんでした。また最近は#10町田に頼りすぎているので、バランスよく、みんなで攻めていきたかったのですが、それもうまくできませんでした。それは私自身にも言えることです。苦しいときの突破口になれるよう積極的に攻めていこうと思っていましたが、チームの足が止まったときに私の足も止まってしまって、結果的に今日も#10町田に頼ることになってしまいました。
来週は山梨とのゲームです。まずは取りこぼしすることなく、しっかりと勝ち切ることが大切です。そのうえでプレーオフを見据えて、もう一度レッドウェーブのバスケットを取り戻したいです。もちろんそれは練習から詰めていかなければいけないことです。私自身も持ち味をもっともっと出して、求められている得点面でチームに貢献したいです。今週の練習でそこを見直して、次戦はより積極的に攻めていきたいと思います。