このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第20回Wリーグ >
  5. vsデンソー 第1戦 (コメント)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

第20回Wリーグ

第20回Wリーグvsデンソー 第1戦

コメント

BTテーブス

ヘッドコーチ BTテーブス

今日のゲームプランは相手のインサイド陣に負けないようにすることでした。結果は38失点。マッチアップするレッドウェーブの選手は3人で10得点。これではなかなか難しいゲームになります。彼女たちの頑張り方次第では、終盤の戦い方ももう少し変わったものになったのではないかと思います。
もちろんそれだけが敗因ではありません。今日はフリースローが18本中11本しか決まっていません。つまり7点損をしているわけです。最終的に接戦になったことで、余計に目立つマイナスポイントです。もちろん私のスクリーンプレーに対する修正が遅かったことも今日の敗因のひとつであり、私自身の反省点です。
プラスに捉えられるポイントもあります。今日は#13谷口がいい仕事をしてくれました。#8内野も復調してきました。#10町田はよく攻めていましたが、ドライブからのシュートを決めきることができなかったので、もうひとつ波に乗り切れなかったように思います。
明日も今日のゲームプランを大きく変えることはありません。相手の強力なインサイド陣をいかにチームで守るか。それをベースに細かい修正を施して、明日こそは勝利を掴みたいと思います。

篠原 恵

#12 篠原 恵

デンソーに簡単なゴール下のシュートを気持ちよく打たせすぎてしまったことが敗因です。そのためレッドウェーブの持ち味である速い展開のバスケットに持ち込むことができませんでした。もちろん相手のインサイド陣を守るための対策もしてきたのですが、それがうまく機能せず、簡単にパスを入れられていたように思います。
個人的には相手のエース#8高田選手にマッチアップしたわけですが、スクリーンプレーでずれを生み出そうとする相手のチームオフェンスに対して、私自身もうまく対応ができず、シュートのうまい高田選手にシュートを打たれてしまいました。
明日はやはりディフェンスの修正が重要だと思います。相手の平均得点以上に今日は取られたのではないでしょうか。インサイド陣だけでなく、ガード陣にもいいジャンプシュートを何本か打たれていましたから。それも明日はしっかりと対応したいと思います
個人的に今日の得点の少なさには納得できていません。ただボールをもらう回数自体が少なかったと思うので、明日はオフェンスでもっと積極的にボールを受けて、そこからのチームオフェンス、もしくは自分の得点に繋げていきたいです。