このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第20回Wリーグ >
  5. vsJX-ENEOS 第2戦 (コメント)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

第20回Wリーグ

第20回WリーグvsJX-ENEOS 第2戦

コメント

BTテーブス

ヘッドコーチ BTテーブス

今日はJX-ENEOSが出だしからベストを出してくることはわかっていました。それに対してどこまで対応できるか、そして昨日のようにフィジカルで負けないようベストを尽くすことがポイントだと選手たちにも伝えていました。結論から言えば、フィジカルでもスピードでもJX-ENEOSを上回ることができませんでした。前半でチームディフェンスが崩れてしまったので、後半はディフェンスを立て直そうと話しました。後半の立ち上がりこそ立て直せていましたが、最後まで継続できなかったことは今後に向けての大きな改善点です。
オフェンスに関しては、相手のチームディフェンスをうまく攻められず、得点のバランスが偏ってしまったことが、総得点の伸びに繋がらない要因です。それでも#10町田がここ1ヶ月大きくステップアップし、それが本物であることを今日も証明してくれました。また#25内尾もまだまだ雑なプレーも目立ちますが、いい経験を積めています。この輪をさらに広げていかなければなりません。
来週は近畿でデンソーとのゲームになります。ポイントはディフェンス。特に#8高田選手への対応をしっかりと準備して、レッドウェーブらしいバスケットを展開したいと思います。

町田 瑠唯

#10 町田 瑠唯

今日は出だしが悪く、そこから終始重たいゲームになってしまいました。一方でJX-ENEOSは昨日負けたことで今日は出だしから思い切りよく攻めてきて、ディフェンスもより激しく当たってきました。もちろんそれに対する準備はしていたつもりですが、前半に走られて点差を広げられたことが最後まで響いてしまいました。後半、私たちも立て直しを図りましたが、いい形でオフェンスができず、逆に相手の速攻を食らう形になりました。今日はいいところが出せませんでしたが、それでも昨日のようなバスケットをすればJX-ENEOSにも通用すると改めてチーム全員が認識できたと思うので、それをブラッシュアップしていきたいと思います。
来週はデンソーとのゲームです。相手のエースをみんなで止めて、チームでリバウンドへの意識を高めたいと思います。そしてそこからレッドウェーブの強みであるトランジションを出していきたいです。
地元・旭川でのゲームは家族や友人など多くの方々が応援に来てくれて、いつも以上にパワーをもらいます。今日は勝てず本当に悔しいですが、昨日、旭川でJX-ENEOSを倒せたことは個人的にもすごくよかったと思っています。旭川のみなさん、今年も熱い応援をありがとうございました!