このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第85回皇后杯(2018-19) >
  5. 準々決勝 vs日立ハイテク (コメント)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

第85回皇后杯(2018-19)

第85回皇后杯(2018-19)準々決勝 vs日立ハイテク

コメント

BTテーブス

ヘッドコーチ BTテーブス

前半と後半の内容に差があった試合でした。ハーフタイムでは「20点リードしているが、後半出だしから試合開始と同じぐらいの気持ちで戦わなければ負けてしまう」と注意しました。でも、それを実行できなかったのが点差が詰まった理由だと思います。
今日の試合は、センター陣が仕事をできませんでした。#10町田と#11篠崎で43点獲っていますが、センターは14点程度。それよりも激しさを見せることや、1対1で勝負できていませんでした。明日はそれだと勝てないので、チーム全体でこれから話したいと思います。
明日は準決勝ですが、チームとしてもアグレッシブなディフェンスをしたいので、オールコートのプレッシャーも含めて相手を疲れさせるディフェンスができればと思います。相手は全部のポジションでバランスが取れているチームなので、我々は今日の後半の内容をしっかり反省して、立て直して試合に臨みたいと思います。

内尾 聡菜

#25 内尾 聡菜

個人的には試合の入りが堅くなってしまったのですが、第2Q以降しっかり自分のプレーができたかなと思います。チームとしては、後半に動きが止まってしまって、終盤で点差を離すことができませんでした。前からゾーンディフェンスであたっていった時に、簡単にパスをつながれて失点につながっている部分があったので、そのあたりは改善の余地があると思います。
後半は出だしが大事とヘッドコーチからも言われていたので、その気持ちがいくつかのよいプレーにつながったと思います。自分は常にディフェンからのプレーヤーだと思っているので、そこからよい流れのプレーができたのかなと思います。
明日の準決勝では40分間走り切ることと、ディフェンスからブレイクをしっかり出すように意識して戦いたいです。今季初めてJX-ENEOSサンフラワーズ戦なので、個人としてもチームとしても、全力で戦いたいと思います。