このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. レッドウェーブ >
  4. 第84回皇后杯(2017-18) >
  5. 準々決勝 vsシャンソン (コメント)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

第84回皇后杯(2017-18)

第84回皇后杯(2017-18)準々決勝 vsシャンソン

コメント

小滝 道仁

ヘッドコーチ 小滝 道仁

第1Qは狙いと違った展開になり、練習してきたことがズレてしまいましたが、第2Q以降は立て直すことができました。それ以降は相手の3ポイントにもしっかり対応して、落とすように持っていけたと思います。攻撃でも、止まってからのジャンプシュートが序盤多かったですが、強く勝負に行くように修正して良い流れができた。3ポイントも11月以降のゲームから続けている取り組みが、成果につながったと思います。インサイドで攻めることを想定していましたが、#16栗林が活躍してくれたのも嬉しいです。
年末からオールジャパンに向けて、去年は全員でシュート4万本成功に取り組みましたが、今年は6万本成功に挑戦しました。結果的には7万本成功して、1人5千本換算になりました。この今大会でも3ポイントで点を獲っていきたいというのは考えているので、どれだけ良いシュートチャンスを作れるかはひとつのテーマです。
次戦に向けて意識することは、もう一度シュートにしっかり行って、ディフェンスも守れるように。フリースローの成功率もあげていかなければいけません。今大会の目標は“ファイナルに行く”それだけです。勝っても負けても自分たちのやることを追求しようと言っているので、明日もそれを意識して戦いたいと思います。

高田 汐織

#31 高田 汐織

私はファウルが多かったですが、みんなプレッシャーディフェンスやリバウンドで頑張ってくれたのが、勝ちにつながったと思います。後半は、全員で走って中で戦うことができていました。終盤の得点経過は特に意識していませんでした。プレッシャーを一生懸命かけていった結果、最後に勝てた、という感覚です。最終的に自分のシュートが決まっただけで、全員で勝ち獲ったシュートだと思っています。
交代で入るのは流れを変えるためだと思っていますが、今日の前半の私は流れを変えられず逆にマイナスになっていました。消極的になってパスする先を探した結果、ミスになってしまったり、役割を果たせなかったと思っています。あと、第1Qと第3Qの入りのディフェンスが良くないので、そのあたりは課題として解決していきたいです。
今日の後半のディフェンスを前半からできれば、どこが相手でも勝ちきれると思っています。リバウンドはチーム全員で取りきることが目標なので、これからも続けていきたいと思います。シュートは自分の仕事だと思っているので、どんな時でも思い切り打とうと意識してプレーしています。速攻が自分たちの持ち味なので、明日以降もそこを出せるように戦っていきたいと思います。