このページの本文へ移動
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • 公式グッズ販売
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION

ニュース

2019年9月15日

中村匠吾選手がマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で優勝!東京2020オリンピック男子マラソン代表に内定!荻野皓平、鈴木健吾の3選手コメントを掲載!

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で優勝した中村匠吾(富士通)

9月15日(日曜日)に東京都・明治神宮外苑発着(日本陸上競技連盟公認コース)にて行われたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC) 兼 東京2020オリンピック日本代表選考競技会 兼 第103回日本陸上競技選手権大会で、中村匠吾選手が2時間11分28秒で優勝。東京2020オリンピック マラソン日本代表選手に内定いたしました。以下、出場した中村匠吾選手、荻野皓平選手、鈴木健吾選手のコメントをお届けいたします。


中村匠吾 コメント

優勝 2時間11分28秒 ※東京2020オリンピックマラソン代表内定
MGCで優勝する事ができ、来年の東京五輪マラソン代表として内定を頂きました。
今回は沢山の人に支えて貰いスタートラインに立てたので、感謝の気持ちでいっぱいです。東京2020オリンピックまでの期間は、代表としての自覚を持って、来年の8月に最高の走りができるよう準備して行きます。
本日はご声援ありがとうございました。

鈴木健吾 コメント

7位 2時間12分44秒
暑い中、皆さんの応援がとても力になりました。出場選手の中では1番力がないと思っていたので、しっかりチャレンジして行こうという気持ちで臨みました。レースではチャレンジ出来たとは思っていますが、最後は走力の差を痛感しました。また鍛え直してチャレンジして行きたいと思います。応援ありがとうございました。

荻野皓平 コメント

DNF
このMGCに向けてしっかりとした練習ができていて調子は良かったです。暑さからか、走り出すと早い段階で足にきてしまい、途中棄権という結果になってしまいました。今回このような結果になりましたが悔いはありません。また次に向けて頑張ります。
応援ありがとうございました。