このページの本文へ移動
  • チームブログ
  • 公式instagram
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION

アメリカンフットボール 富士通フロンティアーズ

ニュース

2019年7月17日

【ふれあいスポーツ教室2019夏】川崎小学校

ふれあいスポーツ教室とは

かわさきスポーツパー卜ナー活動の一環として、 富士通フロンティアーズも2010年から活動を開始した「ふれあいスポーツ教室」。今年も川崎市内の小学校を訪問し、体育の時間やクラブ活動の時間帯を利用して、アメリカンフットボールの指導を行います。ひとりでも多くの子どもたちにスポ一ツの楽しさを知ってもらうため、活動する選手たちの様子をふれあいスポーツ教室を通じてお届けします!

◆本日の先生・訪問先

本日の先生・訪問先

今回は、20名の選手が川崎市内の川崎小学校に行って授業を行いました。
授業に参加してくれたのは、4年生113名の元気な仲間たち。雨予報の天気から一変、快晴の中、リーダーの#92高谷の大きなあいさつで授業が始まりました。

◆楽しみながらも真剣勝負

今回の授業では、パスキャッチ、ブロック、1on1、パスキャッチリレーの4コーナーを実施。子どもたちは順番に各コーナーを体験しました。
パスキャッチコーナーでは、まずはボールの取り方からレクチャーが始まり、基本的な取り方を教えながらも「ボールが取れればどんな取り方でもOK!」と#22岩松。子ども達は慣れない楕円形ボールに苦戦しながらも何回ボールを取れたか周りの友達と競いながらも楽しんでいる様子でした。

楽しみながらも真剣勝   楽しみながらも真剣勝

パスキャッチリレーでは、#44趙が「勝ったチームにはご褒美があります!」というと一気に気合いが入る子ども達。相手に優しいパスを投げるよう心がけながらもいかに早くボールを回すかを考えて楽しんでいる様子でした。
気になるご褒美は選手からの胴上げ。勝ったチームの子ども達にとって、とてもうれしく楽しいご褒美となりました。

楽しみながらも真剣勝   楽しみながらも真剣勝

授業の最後には、毎回恒例となっている質問コーナー。
「タックルするコツは?」「どうやったらそんな大きくなれますか?」など、アメフトにも選手にも興味津々。たくさんの質問が上がりました。
質問コーナーが終わりいよいよお別れの時。「もう終わっちゃうのか―まだ一緒に遊びたいよ!」と名残惜しそうに選手に話す子ども達。仲良くなった子ども達にかっこいい姿を見てもらう為にも、選手たちは、4連覇に向けてもっと頑張ろうという意欲が沸いた一日でした。

選手コメント

#31DB奥野敬介

#31DB奥野敬介
とても興味をもって説明を聞いてくれたり、授業を楽しんでくれる姿を見て、私たちがパワーをもらえました!
これからもアメフトをもっと知ってもらい、将来アメフトをしたいと思ってもらえる子どもたちが増えるように、今後も積極的にこのような活動を続けていきたいです。

OL#78仁川雄太

OL#78仁川雄太
アメフト体験を楽しんでいる子ども達をみて、アメフトの楽しさを再認識することが出来ました。また、アメフト始めた頃の気持ちも思い出す事が出来ましたし、子ども達から学ぶことはとても多かったです。今日教えた子ども達の中から一人でもアメフトを始めてくれる子が居たらいいなと思います。子ども達から受けた刺激を良い形でチームに還元できるように頑張っていきます。

WR#83柴田源太

WR#83柴田源太
ふれあい教室に参加するたび、子ども達の無邪気にスポーツを楽しむ姿に僕たちが勇気をもらえます。教室では「走る、捕る、ぶつかる」といったアメフトの一部分を体験してもらい、アメフトの楽しさを少しはわかってもらえたかと思います。これからもこういった活動を通してアメフトやフロンティアーズ を知ってもらえるよう頑張ります。

DL#69山崎奨悟

DL#69山崎奨悟
どのくらい子どもたちにアメフトを楽しんでもらえるか心配でしたが、終わった後に「楽しかった!」「試合見にいくね!」などの言葉が聞けてとても嬉しい気持ちになりました。
嬉しくなりすぎて水分補給を忘れてしまいのどがカラカラになってしまいました。皆さま、水分補給はしっかりしましょう!