このページの本文へ移動
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

アメリカンフットボール 富士通フロンティアーズ

ニュース

2018年9月18日

【Xリーグ2018】ノジマ相模原ライズ戦 - みどころ

2018秋季シーズン、第3節をオール三菱ライオンズと戦い52ー24で快勝したフロンティアーズ、第4節は全勝同士のノジマ相模原ライズ(以下、ライズ)と対戦する。

vsオール三菱ライオンズ振り返り

みどころオフェンスはQB#3バードソンがパスを16回投げて15回成功とタイミングが合ってきた印象だ。更にQB#18高木もロングパスを2本決めるなど、パスプレーの精度が向上してきた。ディフェンスは要所で良いプレーはあるものの、全体的に多くのヤードを獲得されている。タックルや細かいテクニックの精度向上が求められる。

vs相模原ライズ戦に向けて

みどころライズとは昨年のパールボウルトーナメント予選ブロック第2試合で戦い、20ー38で敗戦。以後対戦はなく、次戦はリベンジの機会だ。
対するライズは第1節でLIXIL DEERSに24ー7で勝利、第2節はオービックシーガルズを残り2秒の逆転フィールドゴールで18ー17と勝利し、勢いに乗っている。ライズは今年、4人の外国人全員が入れ代わったものの既にチームにフィットしている印象であり、脅威となる。その中でもQB#11ロックレイは前述の2試合でパス獲得525ヤードと好調なオフェンスを引っ張っている。また、DB#7ハイタワーはNFLに練習生として1年間帯同するなど実績十分。フロンティアーズにとって日本一獲得に向け絶対に負けられない相手である。

FRONTIERSのやるべきこと

みどころライズ戦はオフェンス、ディフェンス、キッキングの全てが噛み合うことが求められる。オフェンスはQB#3バードソンとWR陣の呼吸が徐々に合い、パスプレーの精度が向上しているが、2人の外国人DBを要するライズディフェンスをどこまで攻略できるかが見物である。OL#72小林を中心とするOL陣がライズDLをしっかり押さえ、QB#3バードソンに落ち着いてパスを投げさせることで活路を見出したい。ディフェンスはライズオフェンスのTE#80プリンキー、WR#85八木のパスプレーに加え、RB#2宮幸のランプレーに対応できるかが鍵となる。キッキングにおいては、昨年のJXBのようなリターンTDを再現出来ればモメンタムを引き寄せられる。いずれにしても、簡単に勝たせてくれる相手ではなく、総合力が求められる。

赤丸 NextGame
日時:2018年9月23日(日曜日)13:30キックオフ
場所:相模原ギオンスタジアム