このページの本文へ移動
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

アメリカンフットボール 富士通フロンティアーズ

ニュース

2018年9月9日

【Xリーグ2018】オール三菱ライオンズ戦 - みどころ

2018秋季シーズン、第2節をアサヒビールシルバースターと戦い48ー7で戦績を2連勝としたフロンティアーズ、第3節はオール三菱ライオンズ(以下、ライオンズ)と対戦する。

vsアサヒビールシルバースター振り返り

みどころ課題であったオフェンスのパスプレーの精度向上については、パス成功率60%と改善が見られたものの、更なる向上が必要だ。また、反則で2つのTDを取消にされるなど、緊迫した試合展開では致命傷になるミスの改善も必要だ。ディフェンスは要所を締め、全体的に完成度はあがっているが、1対1のタックルで仕留めきれないシーンが見られ、更なるレベルアップが求められる。

vsオール三菱ライオンズ

みどころライオンズとは東日本交流戦2018で対戦し、47ー0と快勝したフロンティアーズだが、交流戦であったこともあり、本来の実力を測る機会としては適当ではないであろう。ライオンズは秋季シーズン第1節明治安田PentaOceanパイレーツに16ー0で完封勝ち。第2節は電通キャタピラーズに37ー7と安定した試合運びで勝利を収めており、フロンティアーズに照準を絞ってくることが予想される。
秋季シーズン第1節のランプレーは1回平均7ヤードと春季シーズンの5ヤードを上回っており、更に強化された印象。その多くを#25RB小形が獲得している。第2節は一転し、#10QB斎藤がパスプレーを中心にオフェンスを展開して4TDの全てをパスで獲得した。ランパス共にバランスのとれたオフェンスを展開してくることが予想され、フロンティアーズディフェンスの対応力がキーとなる。

FRONTIERSのやるべきこと

みどころ秋季シーズン2試合を終えて、良い面と改善が必要な面がはっきりしてきた。次戦では相手のペースに巻き込まれないよう、自分たちの役割を果たすと共に、目の前の1プレーに集中し、確実にレベルアップしていく。

赤丸 NextGame
日時:2018年9月16日(日曜日)10:30キックオフ
場所:富士通スタジアム川崎