このページの本文へ移動
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

アメリカンフットボール 富士通フロンティアーズ

ニュース

2018年5月13日

【第40回パールボウル】オービックシーガルズ戦 - みどころ

みどころ2018年シーズン初戦、明治安田PentaOceanパイレーツ戦を49ー10で勝利。第二戦目を迎えるフロンティアーズ、次なる相手は昨年もレギュラーシーズン第6節で延長戦の末13ー10で勝利、JXBトーナメントセミファイナルでも7ー0で勝利といずれも1タッチダウン差以内での勝利と熱戦を繰り広げた好敵手オービックシーガルズ。

新戦力

みどころ明治安田PentaOceanパイレーツ戦では若手選手や新戦力の活躍が目立った。
オフェンスではQB#18高木がスタートQBを努め攻撃を牽引し、WR#86森田と新人WR#83柴田へのタッチダウンパスをヒットさせ、それぞれ1TDを獲得。それに加え、ポジションを変更して出場したRB#16ニクソンが3TDを獲得した。
ディフェンスではDB#36湯川のQBサックや、LB#14太田、LB#47山岸の確実なタックルにより明治安田PentaOceanパイレーツオフェンスを苦しめた。
スペシャルチームではK#5納所とK#25大塚の安定したキックにより着実に得点を重ね、勝利に大きく貢献した。昨年からの主力に新戦力が加わり、上手く相乗効果を産みだしている印象だ。

VSオービックシーガルズ

昨シーズンでは前述の通り緊迫した試合を繰り広げ、フロンティアーズは接戦を制した勢いそのままに日本一まで駆け上がった。一方オービックシーガルズは2度も苦渋を味わっただけに、次戦へ向けて並々ならぬ想いを持っていることが想定できる。なお、今シーズンからウエストバージニア大学出身のQB#3ハワード選手やボイジ州立大学出身の長身TE#85ハフ選手が加入し、一層の戦力UPを図っている。
フロンティアーズは新戦力の活躍に加え、ベテラン勢も含めたチームの一体感により、昨年に引き続き勝負強さを発揮して勝利に繋げたい。

昨年、一昨年とパールボウルでは第二戦目で敗戦し準決勝進出が絶たれている。この試合に勝利すれば準決勝進出となるため、是が非でも勝利を呼び込みたいところである。

みどころ
赤丸 NextGame
日時:2018年5月20日(日曜日)14:00キックオフ
場所:富士通スタジアム川崎