このページの本文へ移動
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • ファンクラブ
  • オフィシャルグッズ
  • レッディ
  • はじめてのバスケ
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

女子バスケットボール 富士通レッドウェーブ

ニュース

2018年4月29日

「富士通スタジアム川崎スポーツフェスタ2018」レポート

3月31日(土曜日)、「富士通スタジアム川崎スポーツフェスタ2018」に参加いたしました。

2017年より富士通スタジアム川崎の地域振興イベントとしてはじまった「富士通スタジアム川崎スポーツフェスタ」。2回目を迎える今回のイベントには、富士通運動部に所属する現役選手・OB/OGが講師として参加し、各種スポーツ教室を実施しました。
また、昨年大盛況だったパラスポーツ(障がい者スポーツ)体験ではウィルチェアーラグビー(協力:車椅子ラグビーチーム「横浜義塾」)、ボッチャ(コート上のジャックボール[目標球]に向かってボールを近づける競技)を通じてスポーツの楽しさを改めて感じるイベントとなりました。

富士通レッドウェーブ(女子バスケットボール)からは選手16名がイベントに参加。講師としてバスケットボール教室を実施いたしました。

「富士通スタジアム川崎スポーツフェスタ2018」レポート「富士通スタジアム川崎スポーツフェスタ2018」レポート「富士通スタジアム川崎スポーツフェスタ2018」レポート「富士通スタジアム川崎スポーツフェスタ2018」レポート

今回のイベントでは、合計3回のバスケットボール教室を行いました。参加した子どもたちはボールハンドリング、ドリブル練習、シュート練習を体験。ドリブルするときのボールのつき方やシュートの打ち方など、選手のお手本をみながらチャレンジしました。選手たちからのアドバイスに耳を傾けながら、少しずつレベルアップ。シュート競争などを通して元気いっぱいの子どもたちと選手たちが一緒に笑い、楽しい時間を過ごすことができました。

教室が終わった後には、参加したアスリートたちによるサイン会も実施。選手たちにとっても、地元の子どもたちとふれあう貴重な機会となりました。さらにイベントでは、富士通陸上競技部OBの柏原竜二さんの「スポーツ異文化交流」をテーマにしたトークショー、川崎フロンターレサッカー教室、川崎競輪場presentsわくわく自転車教室なども開催。参加した子どもたちや地域の方々と、様々なスポーツを通じて交流することができました。

「富士通スタジアム川崎スポーツフェスタ2018」レポート「富士通スタジアム川崎スポーツフェスタ2018」レポート「富士通スタジアム川崎スポーツフェスタ2018」レポート「富士通スタジアム川崎スポーツフェスタ2018」レポート

また、同日には富士通スタジアム川崎「かわQホール」内で、「かわさきパラムーブメント」の展示会、プログラミング教室やものづくり教室も開催されました。イベントを通じて親子一緒に学ぶ楽しさを改めて感じることができるイベントとなりました。

主催/富士通スタジアム川崎
協力/富士通株式会社・トータリゼータエンジニアリング株式会社
後援/川崎市

「富士通スタジアム川崎スポーツフェスタ2018」レポート「富士通スタジアム川崎スポーツフェスタ2018」レポート

選手コメント

#31 F高田 汐織

#31 F高田 汐織
「子どもたちから元気をもらいました。イベントを通じて子どもたちにバスケットボールの楽しさや富士通レッドウェーブのことを少しでも知ってもらうきっかけにしてもらえたらうれしいです」

#16 C栗林 未和

#16 C栗林 未和
「天候にも恵まれて、子どもたちとバスケットボールを通じて楽しく交流することができました。みんなすごく素直に話しを聞いてくれて、こちらとしても教えがいがあって楽しかったです。限られた時間のなかで、うまく連携もできて良かったと思います」