このページの本文へ移動
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

アメリカンフットボール 富士通フロンティアーズ

ニュース

2018年3月8日

【ふれあい教室2018】川崎市立坂戸小学校

ふれあい教室とは

かわさきスポーツパー卜ナー活動の一環として、2004年から活動を開始した「ふれあい教室」。今年も川崎市内の小学校を訪問し、体育の時間やクラブ活動 の時間帯を利用して、アメリカンフットボールの指導を行います。ひとりでも多くの子どもたちにスポ一ツの楽しさを知ってもらうため、活動する選手たちの様子をふれあい教室を通じてお届けします!

今日の先生・訪問先

(DB#23奥田凌大、LB#13髙橋悟、RB#33高口和起、LB#44趙翔来、WR#9宜本潤平、LB#35竹内修平、DB #28石井悠貴、DL#65村井良啓)
川崎市立坂戸小学校

今回の「ふれあい教室」は8名の選手で川崎市立坂戸小学校へ行ってきました。授業に参加してくれたのは、6年生94名の仲間たち。最初にLB#44趙選手から「僕たちはアメリカンフットボールで2年連続日本一になった富士通フロンティアーズです」と子どもたちに自己紹介をすると、自然と拍手が起こり、子どもたちも興味津々の様子でした。まだ外の風が冷たく肌寒い中、選手たちと一緒にしっかり準備運動をした後で、授業スタートです。

授業風景

◆大きな身体にビックリ!

今回の授業ではパスキャッチ、ブロック、1on1、パスキャッチリレーの4コーナーを実施。子どもたちは順番に各コーナーを体験しました。最初はボールの形や投げ方、タックルなどアメリカンフットボール独特の動きに慣れていませんでしたが、「こうすると上手く投げられるよ」など選手からだけでなく、子どもたち同士でアドバイスし合うなど、考えながらアメリカンフットボールを体験する子どもたち。ブロックでは、力強くあたってもビクともしない#35竹内選手、#65村井選手にみんなでタックル!

◆元気なかけ声で、一丸となった子どもたち

パスキャッチリレーでは「お友だちが取りやすいボールを投げてあげてね」というアドバイス受け、お友だちに優しいパス投げるように心がける子どもたち。最後のチーム対抗戦では、勝敗に関係なく最後まで声援が送られました。1 on 1でもタオルを取った子、取られた子両者に「ナイスプレー!」「惜しい、次頑張れ~!」など熱い声援が送られました。4つのコーナーを体験後は、「かけっこ競争」を行いました。足に自信のある子どもたちが参加してくれました。ゴールで待ち構えていた子どもたちからは「頑張れー」とグラウンドは子どもたちの元気な応援の声でいっぱいになりました。

授業の最後は、質問コーナー。「毎日お米は何合食べているんですか?」という質問に、#65村井選手が「お米は毎日炊飯器1台分くらい食べています」と答えると、「わ~!!すごい!!」、「今日の給食いっぱい食べよう!」と子どもたちから元気な声が上がりました。先生からは、「普段触れる機会がないアメリカンフットボールを実際に体験して、子どもたちもスポーツに対する興味、関心が沸いたと思います。卒業の近い6年生にとって思い出になりましたし、本当に貴重な体験をさせていただきありがとうございました」と今日の授業の感想を頂きました。子どもたちとの交流を通して、パワーをもらったフロンティアーズのメンバーたち。新シーズンに向けてチーム一丸となって頑張ります!

選手コメント

DB #23奥田凌大

DB#23 奥田凌大
「子どもたちが本当に元気でパワーをもらいました。『どうやったら上手くパスを投げられるか?』など子どもたちが考えながらアメリカンフットボールを体験してくれて楽しい時間を過ごすことができました」

RB #33高口和起

RB #33高口和起
「ふれあい教室を通じて子どもたちに“楽しむこと”を伝えられたら良いなと思っています。子どもたちが夢中でボールを追いかける姿や笑顔をみて改めて、「楽しむこと」の大切さを実感しました」

LB #35竹内修平

LB #35竹内修平
「最初、子どもたちは『アメリカンフットボールって何だろう?』と思っていたと思いますが、アメリカンフットボールを体験していくなかで、楽しさや魅力を知って笑顔になる子どもたちをみて嬉しかったです」

DL #65村井良啓

DL #65村井良啓
「今回は小学6年生の子どもたちとのふれあい教室ということで、みんな身体も強く、上達が早くてびっくりしました。アメリカンフットボールを通じて子どもたちの笑顔をみることができて良かったです」