このページの本文へ移動
  • チームブログ
  • 公式instagram
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION

アメリカンフットボール 富士通フロンティアーズ

ニュース

2017年12月20日

「71st RICE BOWL記者発表会」レポート

ライスボウル会見

12月19日(火曜日)、「アメリカンフットボール日本選手権 プルデンシャル生命杯 第71回ライスボウル」の記者発表会が東京ドームホテルにて行われ、富士通フロンティアーズ、日本大学フェニックス、報道関係者の方々が集結しました。

まず始めに、公益社団法人日本アメリカンフットボール協会、国吉誠会長のご挨拶。「第71回ライスボウルがいよいよ2週間後に迫ってまいりました。ここに至るまで関係各位の皆様にご尽力いただき誠に感謝申し上げます。社会人代表は富士通フロンティアーズ、学生代表は27年ぶりに日本大学フェニックスが出場します。両チームともに素晴らしい試合を展開してくれると思います。新しく登場した学生界のスター、日本大学フェニックスのQB#10林大希選手は日本のアメリカンフットボールを盛り上げるために、登場した牛若丸だと思います。それに対し、社会人チームである富士通フロンティアーズは例えさせていただけるなら弁慶。よってこの対戦は、新時代の『弁慶対牛若丸』の対決だとも思っております。1月3日(水曜日)の試合を皆様にお楽しみ頂きたいです」と述べられました。

続いて、フロンティアーズからは藤田ヘッドコーチ、日本大学の内田監督が力強く意気込みを述べました。また、フロンティアーズのWR#9宜本潤平主将が試合への想いを語りました。

ライスボウル会見

富士通フロンティアーズ 藤田智ヘッドコーチ

「ライスボウルという素晴らしい舞台でもう一度試合ができることを大変光栄に思います。対戦相手の日本大学フェニックスとは富士通フロンティアーズHCに就任してから初めての対戦になりますが、学生コーチ時代に幾度か対戦し、“コテンパン”にされた記憶があります。
日本大学フェニックスのイメージは“強くて速くて上手い”目指すべきチームのひとつだと思っています。内田監督は私が現役の時から指導されている大先輩ですので、思いっきりぶつかっていきたいです。もう2週間、アメリカンフットボールできる時間をいただいたので、少しでもレベルアップして試合に臨みたいと思います。1月3日(水曜日)精一杯頑張りますので応援よろしくお願い致します」

ライスボウル会見

WR(ワイドレシーバー)#9宜本潤平主将

「今シーズンはオフェンスが不発なところもありましたが、JXBではうまく噛み合い、チームがまたひとつ完成に近づいたのかなと感じています。ライスボウルは社会人代表として、絶対に負けられない試合ですが、特別な準備をするというより、これまでと同じく、1試合1プレーに集中することを心掛けて勝利したいと思います。ファンの方々の熱い声援が本当に力になります。是非、1月3日(水曜日)ライスボウルでも熱い声援をお願い致します」

ライスボウル会見

日本大学フェニックス 内田正人監督

「我々は関東代表として甲子園ボウルに出場し優勝することができましたが、関東大学リーグは本当に厳しくて、一戦一戦試合を通じて勉強させていただきました。リーグ戦を通じてチームが成長していった結果が甲子園ボウル優勝につながったと思っています。
ライスボウルでは多くのことを学ばせていただいた大学アメリカンフットボールチームや指導者の皆様に対して、感謝の気持ちを込めて戦いたいと思います」

日本一を決める、「RICE BOWL」は1月3日(水曜日)、東京ドームにて15:00キックオフです。創部以来3度目となる日本一に向かって、共に戦ってください。皆様のご来場を、心からお待ちしております!

集合写真