このページの本文へ移動
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

アメリカンフットボール 富士通フロンティアーズ

ニュース

2017年12月8日

【Xリーグ2017】JAPAN X BOWL IBMビッグブルー戦 - みどころ

準決勝で7ー0の僅差でオービックシーガルズに勝利したフロンティアーズ、5年連続決勝の舞台にコマを進めた。相手は、2014年の日本社会人アメリカンフットボール選手権(以下、JXB)と同カード、IBMビッグブルー(以下、IBM)に決定した。
チーム史上初の連覇に向け、チームの総合力が問われる戦いになるであろう。

vsIBM

Xリーグ2017みどころIBMとは2017シーズンこそ対戦していないものの、昨2016シーズンは初戦(29ー24で勝利)、ポストシーズンの準決勝(28ー26で勝利)で対戦している。中でもポストシーズン準決勝の試合は、試合終了と同時にK#11西村のフィールドゴールで逆転するという、死闘の先の劇的な勝利であった。
今季のIBMはレギュラーシーズンで2敗しているものの、セミファイナルではフロンティアーズがレギュラーシーズンで敗戦、レギュラーシーズン1位でポストシーズンに進出したパナソニックインパルスに31ー24で勝利しての決勝進出である。IBMはパナソニックインパルスとの準決勝において、パナソニックの強力守備に対し330ydsもの距離を獲得。試合後半にはオンサイドキックも成功させ一気に流れに乗るなど、集中力を切らさず勢い付けて勝利している。この勢いそのままにJXBに向けて準備していることが想定される。

試合のポイント

Xリーグ2017みどころフロンティアーズは準決勝で7ー0と僅差のゲームを勝ち切っている。
その内容を振り返ると、試合開始直後のオフェンスで7点を獲得し、その後のチャンスを得点につなげることができずに7点止まり。一方ディフェンスは集中力を切らさずに守り切るという、非常に緊迫したゲーム展開であった。その中で、良いフィールドポジションを確保し続けたパンター#39吉田がこの勝利の影の立役者といえるだろう。次のIBMはオフェンス力が高いだけに、多少のゲインはある程度覚悟しなければならないだろう。フロンティアーズディフェンスは基本に忠実にプレーし、IBMオフェンスを最小限のゲインにとどめるとともに必ず来るチャンスを確実にモノにする集中力が試されることになるはずである。また、フロンティアーズオフェンスとしてもミスなく、確実なプレーでIBMディフェンスを追い詰めていきたい。いずれにしても、実力が均衡したチームとの戦いであるため、攻守蹴をしっかりと連携させた確実な試合運びが求められる。

準決勝から3週空いて決勝を戦うだけに、チームのコンディションをいかに向上させることができるか。文字通り総合力を試される試合となるだろう。

Xリーグ2017みどころ
赤丸 NextGame
日時:2017年12月18日(月曜日)19:00キックオフ
場所:東京ドーム(20番ゲート)

是非ご来場のうえ熱いご声援をお願いいたします!