このページの本文へ移動
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

アメリカンフットボール 富士通フロンティアーズ

ニュース

2017年11月14日

【Xリーグ2017】オービックシーガルズ戦 - みどころ

JXBトーナメントクォーターファイナルにおいて34ー7のスコアでエレコムファイニーズに勝利したフロンティアーズ、セミファイナルはオービックシーガルズ(以下、シーガルズ)と対戦する。レギュラーシーズン最終節(第6戦)の再戦。何が何でも勝利し日本社会人選手権(JXB)にコマを進めたい。

vsシーガルズ

Xリーグ2017みどころシーガルズとの対戦は今シーズン2回目となる。先日(10月29日)に実施されたレギュラーシーズン最終戦(第6節)のタイブレイク(延長戦)による勝利が記憶に新しい。この試合は台風接近による激しい雨が降りしきる中、3Q終了時点まで両チーム無得点。雷鳴による45分間の中断を挟み、4Q早々にフロンティアーズが#33高口のランニングプレーで先制するものの4Q終盤に同点に追いつかれ、タイブレイク(延長戦)で辛くも勝利するという文字通りの激戦であった。
実力差がほとんど無いだけに、この激戦から約1か月、再戦に向けて入念な準備が必要となるだろう。

試合のポイント

Xリーグ2017みどころレギュラーシーズンでの試合の結果を見てみると、フロンティアーズオフェンスはトータル258ydsを獲得したのに比べ、シーガルズは121ydsの獲得。この結果を見るとディフェンスが機能していたと評価できるだろう。一方、被ターンオーバー数はフロンティアーズが△4であるが、シーガルズは△1。数値だけで見ると、フロンティアーズがボールさえしっかり確保できていれば、違った試合展開となった可能性もある。更に、シーガルズは準々決勝では、ノジマ相模原ライズに対しターンオーバーを実に9回奪っている。獲得ヤードはノジマ相模原ライズの441ydsに対しシーガルズが336yds。最終得点は41ー22となっており、ターンオーバーというビッグプレーで一気に勢いに乗った結果が得点差に出ている。
このように特にオフェンスはアグレッシブに攻めるものの、ボールをしっかり確保する等、ファンダメンタルをしっかりと守りながらプレーすることが求められるだろう。また、シーガルズのキック(パント)リターンには、過去何度も苦渋を飲まされてきた。そのため、キッキングゲームの精度を高めることが非常に重要である。シーガルズのリターンをしっかりと止め、逆にフロンティアーズのリターンでビッグプレーを起こしてゲームをフロンティアーズ優位に展開したい。

Xリーグ2017みどころ
赤丸 NextGame
日時:2017年11月26日(日)13:00キックオフ
場所:富士通スタジアム川崎(神奈川県川崎市)

是非ご来場のうえ熱いご声援をお願いいたします!