このページの本文へ移動
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

アメリカンフットボール 富士通フロンティアーズ

ニュース

2017年10月3日

【ふれあい教室2017】西生田小学校

ふれあい教室とは

かわさきスポーツパー卜ナー活動の一環として、2004年から活動を開始した「ふれあい教室」。今年も川崎市内の7つの小学校を訪問し、体育の時間帯を利用して、アメリカンフットボールの指導を行います。ひとりでも多くの子どもたちにスポ一ツの楽しさを知ってもらうため、活動する選手たちの様子をふれあい教室を通じてお届けします!

今日の先生・訪問先

【ふれあい教室2017夏】西生田小学校
宜本慎平(#4 WR)、平本恵也(#12 QB)、奥田凌大(#23 DB)、石井悠貴(#28 DB)、高口和起(#33RB)、竹内修平(#35 LB)、
吉田元紀(#39K/P)、高崎顕信(#54LB)、藏野裕貴(#56 OL)、斎田哲也(#57OL)、村田航亮(#74OL)、勝山晃(#75OL)、
森正也(#85 TE)、森田恭平(#86 WR)、藤谷雄飛(#90DL)、南奎光(#98 DL)、柏原竜二(スタッフ)、田中美久(スタッフ)

西生田小学校

今回の「ふれあい教室」は17名の選手で川崎市内の西生田小学校に行ってきました。今回授業に参加してくれたのは、4年生の136名のお友だち。あいにくの雨により、体育館での実施となったこの日、選手のリーダーを務める#86森田選手より「僕たちと一緒にアメフトを楽しく体験して下さい!」と挨拶があり、準備体操へ。「いち・にー・さん・しー」と大きな声をかけるのは、ふれあい教室に初参加の#56藏野選手。子どもたちも「ごー・ろく・しち・はち」と元気に声を出すが、「みんなちょっと声小さいなあ~」と#4宜本(慎)選手がすかさず煽ると、「ごー!!ろく!!しち!!はち!!」とさらに元気な声が体育館中に響き渡ります。さあ、この夏の「ふれあい教室」の始まりです!

授業風景

◆アメフトを楽しく体験

アメフトを楽しく体験アメフトを楽しく体験

今回の授業でも、パスキャッチ、ブロック、1 on 1、パスキャッチリレーの4つのコーナーを設け、子どもたちが順番に回って各コーナーを体験しました。パスキャッチのコーナーでは、まずはアメリカンフットボールのボールの形に慣れるということで、短い距離から始め、徐々に距離を伸ばしていきました。長いパスキャッチに成功すると、子どもたちも選手も同じように大喜びで、力強いハイタッチを交わしていました。

◆チームワークを学ぶ

チームワークを学ぶチームワークを学ぶ

パスキャッチリレーは、チーム戦で戦うコーナーのため、両チームが作戦を考えたり、仲間が取りやすいボールを投げるよう心がけたり、チームごとに違った団結の様子が見られました。ブロックのコーナーでも、最後に4~5人で力を合わせて選手を押す際に、「せーの」と力を合わせて取り組む姿が印象的でした。今回のふれあい教室を通して、「チームワーク」の大切さを感じることができたのではないでしょうか。

授業の最後には、選手全員とハイタッチをしてお別れです。「また来てね」と声をかけてくてる子や、名残惜しそうに「バイバイ」と手を振る子どもたちの様子がありました。子ども達にアメフトの楽しさを教えることだけではなく、選手たちもアメリカンフットボールを始めたころの純粋な気持ちを思い出すと共に、今日の子どもたちが見に来てくれたときにかっこいい姿を見せられるように、練習をもっと頑張ろうという意欲が沸いた一日でした。

【ふれあい教室2017夏】西生田小学校

選手コメント

#23 DB奥田凌大

#23 DB奥田凌大
「アメリカンフットボールを知らなかった子が多い中、興味を持ってたくさん質問してくれた子や純粋に楽しんでくれている子もたくさんいて、僕たちも元気をもらえました。初めてなのに、みんなキャッチや投げるのが上手でした!僕たちも子どもたちに負けないように、今シーズン頑張ろうと思います」

#33 RB高口和起

#33 RB高口和起
「夢中でアメフトを楽しむ子どもたちの姿を見ていると、この活動にとてもやりがいを感じます。今後も、アメフトの楽しさや魅力をより多くの方に感じてもらえるよう、試合や様々な活動を通じて普及させられるよう、取り組んでいきたいです」

#86 WR森田恭平

#86 WR森田恭平
「あいにくの雨で体育館でのふれあい教室となりましたが、子どもたちが笑顔でボールを追いかけたり、みんなで体の大きい選手を押したりと、楽しんでもらえて本当に嬉しかったです。今後もこのような活動を続けて、少しでも多くの子どもたちにアメリカンフットボールの楽しさを伝えて行きたいです」

スタッフ 柏原竜二

スタッフ 柏原竜二
「子どもたちが純粋に楽しんでくれているのを見ると、やはりスポーツっていいなと思いますし、スポーツができる子、苦手な子も含めて楽しんでもらえたのではないかと思います。私自身、今回は選手をサポートする事に精一杯でしたが、今後も選手と共に楽しんでもらえるような活動をしていきたいと思います。P.S.この1年はフロンティアーズで共に闘うことになりました!」