このページの本文へ移動
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

アメリカンフットボール 富士通フロンティアーズ

ニュース

2017年1月31日

優勝に寄せて、鈴木主将より御礼のメッセージ

1月20日(金曜日)18:30に川崎ルフロン シンデレラステップにて、富士通フロンティアーズ優勝報告会が行われました。イベント後、鈴木將一郎主将より今シーズンの振り返りと来シーズンに向けての意気込み、サポートいただいた方々・ファンの皆様に対する感謝のメッセージをいただきましたのでご紹介いたします。

LB(ラインバッカ―)#45鈴木將一郎主将


今シーズンを振り返ってみて、チームとしてどのようなシーズンでしたか?

優勝に寄せて、鈴木主将より御礼のメッセージやはり勝負の世界は結果がすべてなので負けなかったことは良かったと思います。ただ、結果が出ていたため、“今自分たちが何をすべきか”見つけにくい局面になったこともありましたし、今シーズンは怪我人も多く出ました。そういう状況の中で藤田HCがよく話している「控え選手が成長しないといけない」という言葉を選手ひとり一人が真摯に受け止め、チーム全体でフォローしあいながら、戦うことができたシーズンでした。

ご自身のパフォーマンスは満足のいくものでしたか?

選手としては全然満足していません。自分の中でも主将としての役割・選手としての役割どちらを優先するのか葛藤がありました。主将としてはチームを俯瞰してみるように取り組みましたが、選手として自分のパフォーマンスを上げられませんでした。良かったのは大きな怪我をせず、チームのみんなに迷惑をかけなかったこと、スターティングメンバーのみんなが安心して試合に臨めるバックアップ体制を保つことができたくらいですかね・・・。

今シーズン、特に印象に残っている試合を教えてください。

パナソニックインパルス戦です。(レギュラーシーズン第4節10月1日(土曜日)○20-13で勝利)
開幕戦からチームとして満足できる試合ができず、自分たちは”強いのか弱いのか”わからなくなっていた状況の中で、去年敗れた相手に敵地で逆転勝ちしたのは、後半戦に向けてチームが自信を深めるターニングポイントだったと思います。

優勝に寄せて、鈴木主将より御礼のメッセージ今シーズンから同レベルあるいは近いレベルの強さのチーム同士を対戦させる新方式に変更になりました。主将として気を付けたことを教えてください。

相手がどこだろうと関係なく、自分たちのできることをするだけだと思って試合に臨むようにしていました。相手をみてしまうと気持ちがブレてしまうので、「自分たちのできることに集中しよう」と話していました。

主将からみて今シーズン伸びた選手を教えてください。

私はラインバッカーなのでディフェンスの選手をみてしまいますが、同じポジションのLBだと#8数田、#52海島、#35竹内の3選手ですかね。DBだと#23善元、#34樋田も怪我人が多い中で本当に伸びたと思います。
オフェンスは#22岩松がよく頑張ってくれました。WRも怪我人が多く出ましたが、#1強盛、#9宜本、#81中村といった代表クラスが揃うなかでも、新人ながら萎縮せずしっかりローテーションを守ってくれたのはチームに良い影響を与えてくれたと思います。


今後のアメフト発展のために何が必要か教えてください。

優勝に寄せて、鈴木主将より御礼のメッセージ2020年に向けてどのスポーツも熱が高まってきている中、今の日本は種目に関係なく、どのスポーツにもスポットがあたるチャンスがあります。そういう環境の中で、私たちができることは2つあると思っています。
1つ目は、富士通フロンティアーズに限らず、Xリーグ全体に言えることですが、地に足をつけて着実に強いチームを作る努力を続けること。そして、観に来ていただいたお客さんに日本のアメフトの素晴らしさ、楽しさを試合を通じて伝えること。
2つ目は、選手自身がもっとアピールすることだと思います。今シーズンは、仕事でお付き合いしているお客さんが多く会場に足を運んでくださりました。また、会場に来られなくても「TVで観たよ」と声をかけていただいたりしました。もっと自分たちの環境を活用していくことが大事だと思います。

フロンティアーズファンに向けてメッセージをお願いします。

途中ハラハラドキドキさせてしまいましたが、皆さんの熱い応援のおかげで優勝することができました。
JXB、ライスボウル連覇達成に向けてフロンティアーズ選手・スタッフ一同一丸となって邁進していきますので、引き続き、熱い応援よろしくお願いいたします。