このページの本文へ移動
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
shaping tomorrow with you 富士通グループとしてのお客様への約束(ブランドプロミス)

富士通FMVパソコン直販サイト「WEB MART」

陸上 富士通陸上競技部

ニュース

2016年7月25日

訃報 陸上競技部ジョハナ・マイナ選手逝去について

陸上競技部所属のジョハナ・マイナ選手は、母国ケニアで休暇中に体調不良を訴え、病院に搬送されましたが、2016年7月21日(木)に急逝いたしました。
ここに生前のご厚誼を深く感謝するとともに、謹んでお知らせいたします。

ジョハナ・マイナ選手略歴

生年月日1990年12月24日生
自己ベスト5000m/10000m13分25秒24 / 27分26秒92
近年の主な戦歴2012年第22回仙台国際ハーフマラソン優勝
2014年第24回仙台国際ハーフマラソン優勝
金栗記念熊日30キロロードレース 2位
2015年第25回仙台国際ハーフマラソン優勝
八王子ロングディスタンス 10000m
27分26秒92(2015年度世界ランキング19位)
2016年第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会12位(2区6位)
第44回全日本実業団ハーフマラソン 2位

福嶋監督コメント

7月19日、元気にケニアに帰国したジョハナ・マイナでしたが、21日に急逝いたしました。競技者としては、これからという時期で、非常に残念でなりません。
2012年に入社した時から、明るく人懐っこい性格で、チームのメンバーはもとより、誰からも好かれる選手でした。本人の努力もあり、近年は国際大会でも通用するほどの実力もついてきており、益々の活躍を期待しているところでした。また、チームで競う駅伝では、「トップになろう」といつもメンバーを鼓舞していました。
悲しい現実ですが、これも受け止めなければいけない事実だと考えています。チーム一同、ジョハナの意志を引き継ぎ、目標に向かって努力していきたいと思います。
これまでご声援いただきました皆様に、心より深く感謝申し上げます。有難うございました。
合掌

2016年7月25日
富士通陸上競技部
監督 福嶋 正

Notice Regarding the Passing of Johana Manyim Maina

Tokyo, July 25, 2016 - Fujitsu Track & Field Team member Johana Manyim Maina passed away on July 21, 2016, in his homeland of Kenya. While on vacation, after complaints of feeling ill, he was rushed to the hospital where he was later pronounced dead. Fujitsu extends its heartfelt condolences and appreciation to all of Johana's loved ones who offered their support.

[Biography]

Date of BirthDecember 24, 1990
Personal Best5,000m/10,000m13’25”24 / 27’26”92
Major Achievements2012・22nd Sendai International Half Marathon, 1st place
2014・24th Sendai International Half Marathon, 1st place
・Kanakuri Kumanichi 30 km Race, 2nd place
2015・25th Sendai International Half Marathon, 1st place
・2015 Hachioji Long Distance 10,000m
 27’26”92 (19th in world, 2015 season)
2016・60th All Japan Industrial Ekiden, team ranked 12th
 place (Maina ran in the 2nd leg, 6th place)
・44th All Japan Industrial Half Marathon, 2nd place

[Comment from Tadashi Fukushima, Team Director, Fujitsu Track & Field Team]

I was deeply saddened to hear that Johana passed away on July 21st, after having returned home to Kenya on July 19th in good spirits.
Johana joined the Fujitsu Track & Field Team in 2012. He was always cheerful with a friendly character, and was well liked by his teammates and everyone he met. A hard working athlete, his passing comes at a time when in recent years he had become competitive in international competitions, and we looked forward to ever-greater performances. In the team relay, Ekiden, he always encouraged his teammates, saying, "Let's win together!”
While Johana's passing is a terrible loss, the Fujitsu Track & Field Team inherits his drive to keep working toward our goals. As team director, allow me to express my deep appreciation to all those who have offered Johana your support and encouragement.