このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. フロンティアーズ >
  4. Xリーグ2019 秋季リーグ >
  5. 73rd RICE BOWL vs関西学院大学ファイターズ (レポート)
  • チームブログ
  • 公式instagram
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION

Xリーグ2019 秋季リーグ

Xリーグ2019 秋季リーグ73rd RICE BOWL vs関西学院大学ファイターズ

富士通フロンティアーズ 38 vs 関西学院大学 14
富士通フロンティアーズ   関西学院大学
試合日 : 2020年1月3日(金)
天  気 : 晴れ
会  場 : 東京ドーム
観  衆 : 31,752人
チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
富士通フロンティアーズ 14 14 3 7 38
関西学院大学 0 7 0 7 14

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
富士通 1 06:37 PASS #18高木
→#1強
10 KICK #11西村 G
富士通 1 10:10 PASS #18高木
→#81中村
26 KICK #11西村 G
富士通 2 07:29 PASS #18高木
→#22岩松
23 KICK #11西村 G
関学 2 11:43 RUSH #21三宅 64 KICK #8安藤 G
富士通 2 13:50 RUSH #29グラント 41 KICK #11西村 G
富士通 3 03:27 FG #11西村 32
富士通 4 01:17 RUSH #30金 5 KICK #25大塚 G
関学 4 14:22 PASS #3奥野
→#4鈴木
4 KICK #8安藤 G

第1クォーター

【73rd RICE BOWL】vs関西学院大学ファイターズ
【73rd RICE BOWL】vs関西学院大学ファイターズ

2020年1月3日(金曜日)、富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)対、関西学院大学ファイターズ(以下、ファイターズ)の第73回ライスボウルが東京ドームで行われた。31,752人の観衆がつめかけ、フロンティアーズのキックで試合がはじまった。
先に力を発揮したのはフロンティアーズだった。ファイターズのオープニングシリーズをパントで終わらせると、自陣16yから攻撃開始。その2プレー目にQB(クォーターバック)#18高木からWR(ワイドレシーバー)#89福井へ56yのパスを通し、一気に敵陣へ入ると、2つのランプレーを挟んで、最後はエンドゾーンに走り込んだWR#1強へ10yのタッチダウンパスで先制。直後のファイターズの攻撃を3yのゲインに抑えると、パントにミスが出て、敵陣42yで攻撃権を獲得。このチャンスに、WR#85松井へ5y、WR#22岩松へ11yと連続してパスを成功させると、さらにWR#81中村へのロングパスも決まり、パスを受けた中村がタックルされながらもエンドゾーンにボールを運びタッチダウン。14-0とリードを奪った。

第2クォーター

【73rd RICE BOWL】vs関西学院大学ファイターズ
【73rd RICE BOWL】vs関西学院大学ファイターズ

2Qも見応えのある攻防が続いた。互いにパントを蹴り合った後は、ファイターズがフォースダウンでスペシャルプレーを成功させるなど、積極的なプレーを見せれば、フロンティアーズも、RB(ランニングバック)#29グラントの11yラン、WR#81中村へ32y、WR#85松井へ18yのパスを通し迎えた敵陣23yでWR#22岩松へタッチダウンパスを決め、リードを広げる。だが、続くオフェンスで連続QBサックを受けるなど、この試合はじめてスリーアンドアウトのパントに終わると、続くファイターズオフェンスに64yのタッチダウンランを許してしまう。前半残り3分17秒、ファイターズのキックがOBとなって自陣35yから攻撃を開始したシリーズでは、RB#29グラントに41yのタッチダウンランが飛び出すなど、ビッグプレーの応酬で会場を沸かせた。4つのタッチダウンを奪ったフロンティアーズが28-7とリードして前半を終えた。

第3クォーター

【73rd RICE BOWL】vs関西学院大学ファイターズ
【73rd RICE BOWL】vs関西学院大学ファイターズ

後半に入ると互いにディフェンスが踏ん張った。WR#13高津佐が15yリターンして自陣41yから始まった後半最初のシリーズは、#29グラントと#26ウィリアムス、2人のRBの4連続ランプレーでゴール前2ヤードまで迫るも、QBサックを受けるなどタッチダウンを奪えずFGの3点に抑えられる。続くファイターズに3度のサードダウンを更新され、ゴール前15yまで攻め込まれるも、フロンティアーズディフェンスのプレッシャーが強く、ファンブルを誘う。またOLB(アウトサイドラインバッカー)#5マシス、LB(ラインバッカー)#35竹内のタックルが決まり、無失点で切り抜けた。直後の攻撃は自陣1yからと厳しいシチュエーションだったが、RB#26ウィリアムスの40yのランが飛び出し陣地を挽回。敵陣に入るもサードダウンを更新できず、パントとなったが、このパントでファイターズがファンブル。敵陣19yで再び攻撃権を得ると、3Qが終了した。

第4クォーター

【73rd RICE BOWL】vs関西学院大学ファイターズ
【73rd RICE BOWL】vs関西学院大学ファイターズ

3Qから続いたシリーズで、WR#85松井へ10y、WR#1強へ14yのパスを決めると、最後はRB#30金が5yのタッチダウンラン。点差を31点に広げた。残り時間13分、試合をコントロールするフロンティアーズに、最後まで諦めないファイターズが立ち向かう。残り8分を切ってからのフロンティアーズオフェンスは、じわじわと攻めて37yのFGを狙うも、K(キッカー)#25大塚のキックはわずかに左に外れてしまう。続くファイターズオフェンスを、一度はフォースダウン10yと追い込むも、ギャンブルに出たプレーで21yをゲインされ、フロンティアーズ陣内に。その後もゲインを重ねるファイターズに、タッチダウンを奪われると残り時間は36秒。オンサイドキックを成功させたファイターズに、再びゴール前1yまで迫られたが、最後はLB#45鈴木のタックルが決まりタッチダウンを許さなかった。

文・写真/ NANO association