このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. スポーツ活動 >
  3. フロンティアーズ >
  4. Xリーグ2019 秋季リーグ >
  5. X1 Super 第2節 vsパナソニックインパルス (レポート)
  • チームブログ
  • 公式twitter
  • Facebook
  • ファンクラブのご案内
  • 公式グッズ販売
  • チアリーダー
  • フロンティー
  • はじめてのアメフト
  • フラッグ・フットボール
  • スタッフ募集
  • 選手・スタッフへの応援メッセージはこちら
  • 私たちは、富士通スポーツを応援しています。
私たちはFUJITSU SPORTSを応援しています
FUJITSU SPORTS VISION

Xリーグ2019 秋季リーグ

Xリーグ2019 秋季リーグX1 Super 第2節 vsパナソニックインパルス

富士通フロンティアーズ 45 vs パナソニックインパルス 27
富士通フロンティアーズ   パナソニックインパルス
試合日 : 2019年9月7日(土)
天  気 : 晴れ
会  場 : 富士通スタジアム川崎
観  衆 : 1,949人
チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
富士通フロンティアーズ 0 21 14 10 45
パナソニックインパルス 7 0 7 13 27

得点経過

TEAM Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
パナソニック 1 06:59 RUSH #5ミッチェル
1 KICK #16佐伯 G
富士通 2 05:55 PASS #3バードソン
→#86森田
2 KICK #11西村 G
富士通 2 10:50 PASS #3バードソン
→#85松井
23 KICK #11西村 G
富士通 2 11:23 PASS #3バードソン→#29グラント 25 KICK #11西村 G
富士通 3 03:58 RUSH #3バードソン 1 KICK #11西村 G
富士通 3 08:41 RUSH #3バードソン 16 KICK #11西村 G
パナソニック 3 11:28 PASS #18ロウレンス
→#15頓花
8 KICK #16佐伯 G
パナソニック 4 02:49 RUSH #18ロウレンス 23 KICK #16佐伯 G
富士通 4 07:21 RUSH #3バードソン 6 KICK #11西村 G
富士通 4 09:38 FG #11西村 24 G
パナソニック 4 10:40 PASS #18ロウレンス
→#15頓花
21 PASS NG

第1クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2019】X1 Super 第2節 vsパナソニックインパルス
【Xリーグ秋季リーグ2019】X1 Super 第2節 vsパナソニックインパルス

2019年9月7日(土曜日)、富士通フロンティアーズ(以下、フロンティアーズ)対、パナソニックインパルス(以下、インパルス)とのXリーグ第2節が富士通スタジアム川崎で行われ、フロンティアーズのレシーブで試合がはじまった。
先制を果たしたのはインパルスだった。フロンティアーズのオープニングシリーズがパントに終わると、75ヤードを13プレー、5分30秒を使いドライブ。最後は1ヤードのランプレーでタッチダウンを奪った。直後のフロンティアーズは自陣25ヤードから攻撃をするも、ホールディングの罰退などで思うように攻められない。互いにパントを蹴り合い、フロンティアーズの7点ビハインドで1Qを終えた。

第2クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2019】X1 Super 第2節 vsパナソニックインパルス
【Xリーグ秋季リーグ2019】X1 Super 第2節 vsパナソニックインパルス

残り8分25秒で迎えた、フロンティアーズ4度目のオフェンスは自陣22ヤードから。RB(ランニングバック)#29グラントのランやQB(クォーターバック)#3バードソンからTE(タイトエンド)#87水野へのパスなどが決まるもフォースダウンで2ヤードが残りパントに。P(パンター)#39吉田が蹴ったボールは、追い風もあって敵陣10ヤード付近まで飛び、インパルスがファンブル。DB(ディフェンスバック)#8小椋がカバーしゴール前10ヤードでファーストダウンを奪う。このチャンスにQB#3バードソンからWR(ワイドレシーバー)#86森田への2ヤードのタッチダウンパスが決まり7-7の同点とする。その後、互いにパントを蹴り合い迎えた前半残り2分から、さらに試合が動いた。自陣39ヤードのからのドライブでQB#3バードソンの29ヤードのランが飛び出すと、WR#85松井へ23ヤードのタッチダウンパスが決まり逆転に成功。続くインパルスの攻撃ではDB#23奥田がファンブルリカバーし、敵陣25ヤードで攻撃権を獲得。絶好の機会に1プレー目で、QB#3バードソンからRB#29グラントへ25ヤードのタッチダウンパスが決まる。21-7と14点リードで前半を終えた。

第3クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2019】X1 Super 第2節 vsパナソニックインパルス
【Xリーグ秋季リーグ2019】X1 Super 第2節 vsパナソニックインパルス

フロンティアーズのキックで試合が再開すると、インパルスの攻撃は自陣32ヤードから。ランプレーでゲインされるも3ヤードが残ったサードダウンでOLB(アウトサイドラインバッカー)#5マシスがパスカット、インパルスの攻撃をパントに終わらせる。自陣20ヤードからとなった後半最初のオフェンスは、RB#29グラントがショートパスを受けてからのランで39、22ヤードと2つのビッグゲインを奪うなどしてゴール前へ。最後はQB#3バードソンが持ち込んでタッチダウンを決めた。直後のインパルスに自陣39ヤードと、良いフィールドポジションを取られたが、DL(ディフェンスライン)#98南のQBサック、OLB#44趙のロスタックルなどでパントに追い込んだ。3Q残り5分43秒、自陣7ヤードからの後半2度目のオフェンスは、1プレー目にRB#26ウィリアムスに48ヤードのランが飛び出し一気に敵陣へ入ると、サードダウン14ヤードが残るもWR#81中村へパスを通し、最後はQB#3バードソンのランでタッチダウン。その後インパルスに1本返され、35-14で最終Qへと突入した。

第4クォーター

【Xリーグ秋季リーグ2019】X1 Super 第2節 vsパナソニックインパルス
【Xリーグ秋季リーグ2019】X1 Super 第2節 vsパナソニックインパルス

フロンティアーズの攻撃がパントに終わると、自陣24ヤードから攻撃を開始したインパルスに、2シリーズ連続のタッチダウンを奪われ14点差に追い上げられる。直後のフロンティアーズは、2度のサードダウンを更新し、最後はQB#3バードソンが、この日3つ目となるタッチダウンラン。77ヤードを10プレー、4分32秒を使って、再び21点差とした。追いすがるインパルスは、直後のオフェンスで10ヤードが残ったフォースダウンでギャンブルに出るも、パスに失敗する。敵陣23ヤードで攻撃を得たフロンティアーズは、FGで追加点。最終スコア45-27でフロンティアーズが開幕2連勝を果たした。

文・写真/ NANO association